ウィリアムズの2012年01月のF1情報を一覧表示します。

マイケル・ジョンソン、ウィリアムズのファクトリーを訪問

2012年1月31日
マイケル・ジョンソン
陸上の元オリンピックの金メダリストであるマイケル・ジョンソンが、先週ウィリアムズのファクトリーを訪問した。

ウィリアムズは、ピットストップのタイムを改善することを主な目的にマイケル・ジョンソン・パフォーマンスと契約を結んでいる。

マイケル・ジョンソンと彼のチームは、ファクトリーでF1マシンの製造について学んだあと、ピットクルーの評価を開始。チームのフィットネスとピットストップのスピードを改善するために必要なトレーニングの分析を行った。

ルーベンス・バリチェロ、放出をフランク・ウィリアムズからの電話で知る

2012年1月30日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、ウィリアムズ放出のニュースをフランク・ウィリアムズの個人的な電話によって知らされたことを明かした。

ルーベンス・バリチェロは「フランク・ウィリアムズが個人的に電話をくれた。彼は良いニュースではないと切り出し、彼らが別のドライバーと契約することに決めたと説明した。彼はプロフェッショナルなので、そのドライバーが誰かは言わなかった。その後まもなく、彼らはブルーノの起用を発表した」とブラジル人F1記者リヴィオ・オリッチオに話した。

中嶋一貴:プロフィール

2012年1月25日
中嶋一貴
中嶋一貴 (Kazuki Nakajima)
所属:TOYOTA Racing
国籍:日本
生年月日:1985年1月11日

「WECへの参戦は、トヨタにとって大変意味深いもので、そのプロジェクトの一員に選ばれ、大変光栄である。有名なルマンへの挑戦は自分にとっても新しいものであるが、これまでのあらゆるレースでの経験を生かしたい。ドライバー布陣も強力で、チームメイトの二人はお互いよく知っている。アレックスとはF1でいっしょに仕事をしたし、ニコラスとはGP2で競い合った仲である。またいっしょに仕事ができるのが待ち遠しい。ルマンについては経験者である彼らから色々学んでいっしょにいい仕事を是非したいと思っている」

ウィリアムズ FW34、2月7日のヘレステストから投入

2012年1月18日
ウィリアムズ FW34
ウィリアムズは、2012年F1マシン「FW34」を2月7日から開始するプレシーズンテストに投入される予定となっている。

ウィリアムズのチーフ・オペレーションズ・エンジニアを務めるマーク・ギランは、新たにルノーエンジンを搭載するウィリアムズFW34の実際のトラックデビューはヘレステスト前に実施予定の空力テストになると述べた。

ブルーノ・セナ、ウィリアムズとは1年のみの契約

2012年1月18日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナとウィリアムズとの契約は1年契約だとブラジルの O Estado de S.Paulo は主張している。

同紙は「F1での僕の将来にとって重要な年だ」とブルーノ・セナが語ったと報道。

3度のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナの甥が事実上「ペイドライバー」であるという報道により、偉大なセナの名前の評判も危うくなっている。

ブルーノ・セナ 「家族もウィリアムズ加入を喜んでくれている」

2012年1月18日
アイルトン・セナのロゴをマシンに掲載するウィリアムズ
ブルーノ・セナのウィリアムズ加入が発表された。ウィリアムズは、1994年に叔父のアイルトン・セナが亡くなった際に所属していたチーム。だが、彼の家族はウィリアムズ加入に完全に賛成してくれているとブルーノ・セナは述べた。

今から18年前、3度のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナは、1994年にイモラで開催されたサンマリノGPの事故で命を落とした。

ブルーノ・セナ 「バリチェロとの関係は変わらない」

2012年1月18日
ブルーノ・セナ ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズがブルーノ・セナと契約したことにより、ルーベンス・バリチェロがF1シートを失うことはほぼ間違いない状況となったが、ブルーノ・セナは、それが同郷のルーベンス・バリチェロとの関係に影響することはないと考えている。

「彼と話をするチャンスはなかったけど、僕とルーベンスは初めて会ったときから素晴らしい関係だ」とブルーノ・セナは説明。

ブルーノ・セナ 「スポンサーでシートを獲得したわけではない」

2012年1月18日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、スポンサーによってウィリアムズのシートを獲得したわけではないと主張した。

ブルーノ・セナは、2011年にF1参戦33年の歴史のなかでも最悪のシーズンスタートからの巻き返しを図るウィリアムズにエンブラテルを含む多くのスポンサーを持ち込んでいる。

ウィリアムズが財政面を考慮していたことは秘密ではないが、ブルーノ・セナはウィリアムズに加入するためにシミュレーター、フィットネス、トラックテストを実施し、シート獲得に相応しいことを証明したと述べた。

ウィリアムズ 「エイドリアン・スーティルも候補だった」

2012年1月18日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、エイドリアン・スーティルも2012年のドライバー候補だったことを認めた。

ウィリアムズは17日(火)、2012年の2人目のドライバーとしてブルーノ・セナを起用することを発表。結果的に候補に挙げられていたルーベンス・バルチェロ、エイドリアン・スーティルはF1でのシートを失うことになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム