ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナとウィリアムズとの契約は1年契約だとブラジルの O Estado de S.Paulo は主張している。

同紙は「F1での僕の将来にとって重要な年だ」とブルーノ・セナが語ったと報道。

3度のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナの甥が事実上「ペイドライバー」であるという報道により、偉大なセナの名前の評判も危うくなっている。

報じられたところでは、チームメイトのパストール・マルドナドが持ち込む数100万ユーロに加え、ブルーノ・セナはウィリアムズに1400万ユーロを持ち込んだとされている。

だが、ブルーノ・セナは、ウィアムズのシート獲得の決め手となったのはスポンサーではなく、ここ数週間によって行われたトラック上での評価によるドライバーとしての才能とポテンシャルによるものだと主張している。

「学校のようだった」とブルーノ・セナはコメント。

「(レーシングインストラクターの)ロブ・ウィルソンと一緒に技術テスト、シミュレーターでの作業、身体検査やトラックでの検査を行った」

「それらはチーム内外の人々が僕のポテンシャルを検討するための分析に必要だった」

最終的にウィリアムズは経験豊かなエイドリアン・スーティルとルーベンス・バリチェロではなく、ブルーノ・セナを選んだ

ウィリアムズの2012年のドライバーラインナップの経験不足について尋ねられたブルーノ・セナは「チームはそれら全てを評価し、リスクを冒した」とコメント。

「チームには多くの経験があるし、彼らはマシン開発において僕たちを信頼するといってくれた。プレッシャーは大きいね」

関連:ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ