ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、スポンサーによってウィリアムズのシートを獲得したわけではないと主張した。

ブルーノ・セナは、2011年にF1参戦33年の歴史のなかでも最悪のシーズンスタートからの巻き返しを図るウィリアムズにエンブラテルを含む多くのスポンサーを持ち込んでいる。

ウィリアムズが財政面を考慮していたことは秘密ではないが、ブルーノ・セナはウィリアムズに加入するためにシミュレーター、フィットネス、トラックテストを実施し、シート獲得に相応しいことを証明したと述べた。

ウィリアムズとの契約は、スポンサーではなくテストで実力を証明できたからかと質問されたブルーノ・セナは「そうだと確信している」とコメント。

「彼らはいろいろな種類のテストでペースを試したし、初めに彼らはスポンサーシップについて話すことさえしなかった。彼らはなにりも僕を評価することを望んでいた」

「彼らが僕に与えた唯一のチャンスは、彼らが僕のパフォーマンスに不安を感じないかどうかだった。いろいろなテストをしたし、それによって結果を出せると確信している」

関連:ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ