ブルーノ・セナ ルーベンス・バリチェロ
ウィリアムズがブルーノ・セナと契約したことにより、ルーベンス・バリチェロがF1シートを失うことはほぼ間違いない状況となったが、ブルーノ・セナは、それが同郷のルーベンス・バリチェロとの関係に影響することはないと考えている。

「彼と話をするチャンスはなかったけど、僕とルーベンスは初めて会ったときから素晴らしい関係だ」とブルーノ・セナは説明。

「それがモーターレーシングだし、そういうスポーツだ。一人が入ってくれば、一人が追い出される可能性は常にある。そこに私情は絡まない」

「そういったスポーツだ。ルーベンスもそのことはよくわかっている」

ウィリアムズとブルーノ・セナの契約が発表された後、ルーベンス・バリチェロは自信のTwitterで「友人であるブルーノ・セナの幸運を祈っている」と祝福のコメントを寄せた。

関連:
ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日
ルーベンス・バリチェロ、ウィリアムズのシート喪失の心境を告白 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ / ルーベンス・バリチェロ