アイルトン・セナのロゴをマシンに掲載するウィリアムズ
ブルーノ・セナのウィリアムズ加入が発表された。ウィリアムズは、1994年に叔父のアイルトン・セナが亡くなった際に所属していたチーム。だが、彼の家族はウィリアムズ加入に完全に賛成してくれているとブルーノ・セナは述べた。

今から18年前、3度のワールドチャンピオンであるアイルトン・セナは、1994年にイモラで開催されたサンマリノGPの事故で命を落とした。

イモラの事故以降、マシンにセナのロゴを掲載し続けているチームで走ることへの感情について、ブルーノ・セナは「人生で起こることには理由があると思っているけど、家族にネガティブな感情はない。彼らは楽しみにしてくれている」とコメント。

「誰もが喜んでいる。母親に話す前に祖母に話した。祖母はとても喜んでいたし、祖父も大笑いしていたよ。家族みんなが笑顔だし、全員がそのために頑張ってきた。家族の仕事なんだ。僕たちは強く団結しているし、全員がとてもハッピーだ」

ブルーノ・セナは、レーを始めたときからプレッシャーはなかったと述べ、ウィリアムズで結果を出すことに対してもプレッシャーはないと考えている。

「僕のキャリアで不変なことだ」とブルーノ・セナは述べた。

「僕はスポットライトのなかにいたけど、問題はなかった。プレッシャーにどのように対処するかを学ぶのは大変なことだったけど、僕はそれに対処してきた。去年は多くのプレッシャーがのしかかる状況だったけど、正しく対処することができた」

関連:ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ / アイルトン・セナ