F1シンガポールGPの2022年10月のF1情報を一覧表示します。

F1シンガポールGP:再開発工事で2023年は一時的にレイアウトを変更

2022年10月20日
F1シンガポールGP:再開発工事で2023年は一時的にレイアウトを変更
F1シンガポールGPが開催されるマリーナ・ベイ・サーキットは、都市の再開発によって2023年から一時的に大幅にトラックレイアウトが変更される。

シンガポールでは、マリーナ・ベイ周辺のイベント会場として使用されていた“ザ・フロート@マリーナ・ベイ”が“NSスクエア”として再開発され、工事は2026年末まで行われる予定となっている。

2022年F1シンガポールGP:全ラップリードはセルジオ・ペレスで58人目

2022年10月5日
2022年F1シンガポールGP:全ラップリードはセルジオ・ペレスで58人目
2022年F1シンガポールGPは、降雨による1時間5分の延期という望ましくない数字ですたーとした。しかし、最終的にライトが消えるとレース中に多くの魅力的な数字を吐き出した。

マリーナ・ベイ市街地コースで行われたシンガポールGP決勝で、セルジオ・ペレスはレースを通じてシャルル・ルクレール(フェラーリ)からのプレッシャーに耐え、レース終了後に5秒加算ペナルティを科されながらも全ラップリードを記録してキャリア通算4勝目を挙げた。

ケビン・マグヌッセン 「ブラック&オレンジフラッグは度を越している」

2022年10月4日
ケビン・マグヌッセン 「ブラック&オレンジフラッグは度を越している」 / F1シンガポールGP
ハースF1チームのケビン マグヌッセンは、F1シンガポールGPで再び修理のためにピットインを余儀なくされた後、FIA(国際自動車連盟)に怒りを露わにした。

マックス・フェルスタッペンとの最初の絡みで接触し、フロントウイングに軽度の損傷を負った後、ケビン・マグヌッセンは今シーズン3回目となるブラック&オレンジフラッグをを提示された。

レッドブルF1代表、セルジオ・ペレスの勝利を称賛「驚異的なドライブ」

2022年10月4日
レッドブルF1代表、セルジオ・ペレスの勝利を称賛「驚異的なドライブ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン ホーナーは、セルジオ・ペレスがF1シンガポールGPでの勝利に向けてさまざまな要因をどのように処理したか、特にセーフティカー ピリオドのマネジメントを称賛した。

セルジオ・ペレスは、2番グリッドからレースをスタートしたが、ポールシッターのシャルル・ルクレール(フェラーリ)よりも強力なスタートを切り、マリーナ ベイ ストリート・サーキットでの勝利へのドライブではほとんど挑戦を受けなかった。

ランド・ノリス、アルピーヌF1を抜いて4位浮上は「嬉しいサプライズ」

2022年10月4日
ランド・ノリス、アルピーヌF1を抜いて4位浮上は「嬉しいサプライズ」
ランド・ノリスは、マクラーレンがアルピーヌF1チーム抜いてコンストラクターズ4位に浮上したF1シンガポールGPでの結果に驚いたと語った。

マクラーレンはシンガポールでペースに苦しんだが、ランド・ノリスは週末を通して力強いパフォーマンスを見せ、ルイス・ハミルトンがウォールに滑り込んだ後、4位に浮上した。

フェルスタッペン 「ライバルF1チームは予算上限について口を閉じるべき」

2022年10月3日
マックス・フェルスタッペン 「ライバルF1チームは予算上限について口を閉ざすべき」
マックス・フェルスタッペンは、ライバルのF1チームは、レッドブル・レーシングが予選上限ルールを破ったという非難について「口を閉じる」べきだと語った.

F1シンガポールGPのパドックは、2 つのチームが2021年の1億4500 万ドルの予算上限を破ったという憶測であふれている。FIA(国際自動車連盟)が2021年の財務監査の結果を発表する来週の水曜日だが、ライバルチームは関係するチームの1つがレッドブルであることを公然と示唆している。

2022年 F1シンガポールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2022年10月3日
2022年 F1シンガポールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2022年 第17戦 F1シンガポールGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

マリーナ・ベイ市街地コースで行われたF1シンガポールGP決勝で、セルジオ・ペレスはレースを通じてシャルル・ルクレール(フェラーリ)からのプレッシャーに耐え、レース終了後に5秒加算ペナルティを科されながらも全ラップリードを記録してキャリア通算4勝目を挙げた。

ルクレール、5秒以内に喰らいつけず 「ペレスのタイヤは生き返った」

2022年10月3日
シャルル・ルクレール、5秒以内に喰らいつけず 「ペレスのタイヤは生き返った」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、F1シンガポールGPを2位でフィニッシュ。セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が終盤にDRSレンジを突破した後、ここまで差を開くことができたことに驚いたと認めた。

シャルル・ルクレールは、レースでの最後のセーフティカー期間の後、セルジオ・ペレスに対して首位争いを開始する準備ができているように見えた。

周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」

2022年10月3日
周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」 / F1シンガポールGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、F1シンガポールGPで彼に接触し、両者リタイアに追い込んだニコラス・ラティフィの“意識”に疑問を呈した。

F1シンガポールGPの7周目のターン5でニコラス・ラティフィは左側のウォールに周冠宇を押し込んだ。接触で右フロントタイヤが壊れた周冠宇は、エスケープロードで悔しそうに手を振った。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム