レッドブルF1代表、セルジオ・ペレスの勝利を称賛「驚異的なドライブ」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン ホーナーは、セルジオ・ペレスがF1シンガポールGPでの勝利に向けてさまざまな要因をどのように処理したか、特にセーフティカー ピリオドのマネジメントを称賛した。

セルジオ・ペレスは、2番グリッドからレースをスタートしたが、ポールシッターのシャルル・ルクレール(フェラーリ)よりも強力なスタートを切り、マリーナ ベイ ストリート・サーキットでの勝利へのドライブではほとんど挑戦を受けなかった。

とはいえ、2022年のF1シンガポールGPはいくつかのセーフティカーのフェーズや、雨が降った後のコースコンディションの変化など、波乱に満ちたレースだった。

クリスチャン・ホーナーは、マリーナ ベイ ストリート サーキットで開催された忙しいイベントでのセルジオ・ペレスのパフォーマンスに感銘を受けた。

「彼は驚異的だと思った」とクリスチャン・ホーナーはRacingNews365.comを含むメディアに語った。

「彼はスタートでシャルルを破ったが、最初のスティントはインターミディエイトにとって本当にトリッキーだった。だが、彼はギャップを埋めることができたし、バーチャルセーフティカーをコントロールすることができた」

「その後、セーフティカーが導入され、彼はやり直さなければならなかった。その後、実際のピットストップに向かって進むにつれて、彼はまともなラップを引き出したので、シャルルの後のラップで非常に快適にピットインする余裕があった」

「繰り返しになるが、我々は適切なタイミングを得たと思う。その後、セーフティカーが登場し、すべてが差が一掃された」

クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスがセーフティカーピリオドで特に良い仕事をしたと感じている。

「もちろん、リードカーとして自分がリファレンスになるので、あのような状況では常に難しい」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「だが、スリックタイヤでの彼の仕事は…彼は落ち着いて、冷静さを保っていた。彼にはいくつかの重要な瞬間があった」

「シャルルはDRSゾーンで全力を尽くしていた。シャルルが1つのミスを犯してDRSゾーンから脱落するとすぐに、チェコはリズムを見つけてリードを広げる能力を手に入れた。彼の驚異的なドライブだった」 "

セルジオ・ペレスは、スチュワードからセーフティカーの違反について調査された後、勝利を維持することができた。ペレスはレース後に5秒のタイムペナルティを課せられたが、それが結果には影響することはなかった。

この勝利は、セルジオ・ペレスにとってペースの面で一歩前進したように見えた。クリスチャン・ホーナーは、これが32歳のペレスにとって真の改善なのか、それともチームメイトのマックス・フェルスタッペンが直面した苦難が彼のパフォーマンスを引き立てるのに役立ったのかについて質問された。

「すべてチェコの功績だと思っている。彼はグリッドのフロントローで、ポールから100分の2 秒以内で予選を通過し、レースを通してそのペースを完全にコントロールしていた」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「これは驚異的だったし、すべてチェコの功績だ。マックスは多くの点でひどい週末を過ごしたことは明らかだ。予選で彼はレースのポジションから外れていた。彼はスタートでアンチストールが働いた。これは彼をさらに群れに戻した」

「ちょっとしたぶつかり合いがあったが、彼はその最初のラップでヒットを避けることができた。そして、彼はフィールドを通り抜け始めることができた」

「その後、彼はランド(ノリス)がフリーストップしたセーフティカーで不運に見舞われた。さもなければ、彼はトップ5の後ろにいただろう」

「彼はリスタートで素晴らしい走りを見せた。残念ながら、タイヤに温度がなかったので、彼が引き離したときに車がかなり激しく底をつき、その後彼はロックアップした」

「それが大規模なフラットスポットを引き起こしたので、彼はソフトタイヤのセットのために再びピットインしなければならなかった。そして、彼は非常に印象的なカムバックをした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1シンガポールGP / セルジオ・ペレス