マックス・フェルスタッペン 「ライバルF1チームは予算上限について口を閉ざすべき」
マックス・フェルスタッペンは、ライバルのF1チームは、レッドブル・レーシングが予選上限ルールを破ったという非難について「口を閉じる」べきだと語った.

F1シンガポールGPのパドックは、2 つのチームが2021年の1億4500 万ドルの予算上限を破ったという憶測であふれている。FIA(国際自動車連盟)が2021年の財務監査の結果を発表する来週の水曜日だが、ライバルチームは関係するチームの1つがレッドブルであることを公然と示唆している。

レッドブル・レーシングは、支出が多すぎることを強く否定しており、チーム代表のクリスチャンは、メルセデスとフェラーリが「名誉毀損」であると述べ、コメントを取り下げなければ、さらなる措置を検討する用意があると述べた。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1パドックは水曜日に最終的な回答を待っているだけだと述べ、その脅威は「ノイズ」として片付けた。

しかし、シンガポールで2度目のワールドチャンピオンシップを獲得しようとしているマックス・フェルスタッペンは、他のチームの態度にまったく感銘を受けていないと語った。

自分のチームが噂の中心にいることに苛立ちを感じているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「それがどこから来たのか知っているのからね...」と語った。

さらに、問題がないと確信しているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「チームからそう聞いているのでイエスだ」と答えた。

「もちろん、他のチームは情報がないうちにそれについて話し始めているし、それは少しばかげていると思う。とにかく口を閉じてほしいね」

トト・ヴォルフは、メルセデスに対する法的措置の可能性をめぐるクリスチャン・ホーナーの脅迫に動じることはなく、FIAがそのプロセスを正しい方法で処理すると絶対に確信していると語った。

「それはノイズだ」とトト・ヴォルフは説明した。

「最後に、水曜日にプロセスがある。コンプライアンス証明書が発行されるかどうかが決まる。誰かが従わない場合、プロセスとガバナンスが整っている」

「私としてはFIAが正しいことをすると100%確信している。そのため、それまではすべておしゃべりにすぎない。そして、我々にとって、コスト上限が遵守されていることが重要だ。それらは新しい規則の基礎だ。そして、すべてのチームがそれを成し遂げることを強く望んでいる」

違反が厳密に処理されない場合、コスト上限が損なわれるリスクがあるかどうか質問されたトト・ヴォルフは「FIAが独自のガバナンスと独自の規則に従って100%行動しないことを疑う理由はない。FIAは今後の重要性を知っているからね」とコメント。

「だから、我々は皆、レギュレーションが技術的なものであろうと競技的なものであろうと、そして、現在は財政的なレギュレーションが正しい方法で規制され、取り締まられなければならないことを認識している。私はそのプロセスとFIAに100%の自信を持っている。 それが他のすべてがノイズである理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1シンガポールGP