ケビン・マグヌッセン 「ブラック&オレンジフラッグは度を越している」 / F1シンガポールGP
ハースF1チームのケビン マグヌッセンは、F1シンガポールGPで再び修理のためにピットインを余儀なくされた後、FIA(国際自動車連盟)に怒りを露わにした。

マックス・フェルスタッペンとの最初の絡みで接触し、フロントウイングに軽度の損傷を負った後、ケビン・マグヌッセンは今シーズン3回目となるブラック&オレンジフラッグをを提示された。

今年、ケビン・マグヌッセンは、ハンガリーとカナダで滅多に見られないフラッグを見せられましたが、どちらもフロントウイングのエンドプレートが外れた同様の損傷だった。

週末の早い段階で、ハースF1チームの代表であるギュンター・ギュンターは、FIAが過去2回のインシデントについて、ケビン・マグヌッセンに対するペナルティを「でっち上げた」と非難していた。

「僕たちは接近していた。ラップ全体で全員が接近していたので、接触していることに気付かなかったし、クルマの中で何も感じられなかった」とケビン・マグヌッセンは語った。

「チームは、損傷は軽微であり、僕たちがFIAにエンドプレートのもので、つながれていると説明したと僕に伝えてくれた。FIAはそれを知っておくべきだ。レギュレーションを作っているのは彼らだ」

「そのパーツは外れないので安全上の懸念はないし、バタつくこともなかった」

「僕にブラック&オレンジフラッグを与えるなんて、度を越している」

6人がリタイアが見られ、アストンマーティンが今季2回目のダブルポイントフィニッシュを果たしたこのレースで、ケビン・マグヌッセンとハースF1チームは起こったことを恨み続けた。

このようなダメージを負った状態で走行するリスクが最小限であることをFIAに納得させるためにハースF1チームができることは何かと質問されたケビン・マグヌッセンは「僕には分からない」と認めた。

「彼らともう一度話ができて、彼らはこれがどういうものかを理解してくれることを願っている。なぜなら、車に傷がつくことはあるからね」

「これがF1だ。戦えことができなければならない」

「もちろん、フロントウイングがぶら下がっている場合は、車の下に落ちたり、他の車やドライバーにぶつかったりしたくないことは理解している。でも、これはウイングの端にある非常に小さなパーツであり、つながれている。外れたりしない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / F1シンガポールGP / ハース