シャルル・ルクレール、5秒以内に喰らいつけず 「ペレスのタイヤは生き返った」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、F1シンガポールGPを2位でフィニッシュ。セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が終盤にDRSレンジを突破した後、ここまで差を開くことができたことに驚いたと認めた。

シャルル・ルクレールは、レースでの最後のセーフティカー期間の後、セルジオ・ペレスに対して首位争いを開始する準備ができているように見えた。

しかし、DRSが作動すると数周にわたってセルジオ・ペレスの背後に回り、ある時点でパスを試みそうに見えたにもかかわらず、シャルル・ルクレールが射程外に落ちると、彼の攻撃は横ばいになった。

セルジオ・ペレスは、セーフティカーのルール違反によるレース後のペナルティをカバーするためにアドバンテージを開こうとしていたが、シャルル・ルクレールは何も反応しなかった。

このペースの上昇はセルジオ・ペレスにとって重要であることが証明された。ペレスは後にセーフティカーから10車身以上離れたことで5秒のペナルティを科されたが、ルクレールに7.595秒差を築いてラインを通過していたことで、勝利を失わずに済んだ。

レースのその段階についてシャルル・ルクレールは、セルジオ・ペレスがクリーンエアに入ってタイヤが生き返ったことが彼に大きなアドバンテージを与えたと語った.

「DRSを失ってすぐに、チェコのタイヤが適切に機能し始めたのはまさにその時だったと思うので、とても驚いた」とシャルル・ルクレールは語った。

「残念ながら、その後少し失ってしまった。でも、その前は本当にすべてが限界だった。つまり、汚れた空気の中、このような状況では、わずかなミスでも大きな代償を払うことになる。それで僕はいくつかのミスを犯した」

「基本的にはストレートでオーバーテイクをしなければならなかったので、できるだけ接近しようとしていた。ブレーキングゾーンに入って、ブレーキを遅らせることができなかった。なぜなら、コースの内側がどうなっているのかよくわからなかったからだ。そして、僕はそのリスクを冒したくなかった.

「本当に接近したラップが1周った。インサイドに入ってブレーキを遅らせることも考えた。でも、僕にとってそれだけの価値はなかった。だから、ちょうどいい機会を待っていた。でも、残念ながら、結局は届かなかった」

シャルル・ルクレールは、F1シンガポール GP でのレッドブルに対するフェラーリのパフォーマンスは、スティントのさまざまな段階で速かったことを示していると示唆した。

「このレースから分析できることはある。なぜなら、レッドブルは 6/7 周を終えた後、非常に非常に優れているように見えたし、最初の 6/7 周では非常に優れていた。それを調べていく」とシャルル・ルクレールは語った。

ポールポジションからの勝利を狙うというルクレールの望みは、スタートでうまくいかず、ペレスの後ろに後退したことで台無しになった。

何が起こったのかと問われると、ルクレールは次のように語った。私のやり方が間違っていたのか、それとも別のことだったのか、分析する必要があります。

「私が感じた唯一のことは、ホイールスピンが少しあり、それを失ったことであり、チェコが素晴らしいスタートを切ったのを見ました。そうですよね、その通りでした。」

また、シャルル・ルクレールは「スタートが十分ではなかった」と反省した。

シャルル・ルクレールは、2022 年に 9 回のポールポジションを獲得しているが、3 回の優勝にとどまっている。その不名誉な記録は、ターン1でトップの座を維持できなかったF1シンガポールGPでも打ち破ることができなかった。

「スタートが十分ではなかったが、オーバーテイクするのは本当に難しいレースだった」とシャルル・ルクレールはフィニッシュ後にマリーナベイ・ストリート・サーキットのパドックでメディアに語った.

「多かれ少なかれ、そこがレースに負けた場所なので、スタートを調べていく。でも、それはゲームの一部だ」

スタートはトリッキーなウェットコンディションで行われ、シャルル・ルクレールは発進しようとしたときにホイールスピンに苦しんだようだった。2番グリッドのセルジオ・ペレスは、そんなルクレールを尻目に加速し、1コーナーにトップで入った。

テレメトリーによると、2 人のドライバーの反応時間は同じだったが、セルジオ・ペレスの方が発進からのトラクションが優れていた。フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、ターン1までリードを維持していれば、シャルル・ルクレールがレースに勝っていた可能性があることに同意した。

「スタートは良くなかったと思う」とマッティア・ビノットはSky Sports F1に語った。

「スタートでポジションを失い、それが残りのレースに影響を与えた。したがって、スタートが良ければ、もっと良い結果が得られたと思う」

「シャルルは反応は良かった。彼は手順に関してはうまくやったが、その後、グリップが少なすぎたことで、ホイールスピンが多すぎた。しかし、それがレースの残りに影響を与えたので見直していく」

シャルル・ルクレールは最初のスティントでセルジオ・ペレスについてくことができた。そして、サーキットが十分に乾いてスリックタイヤとDRS が作動できるようになると、持てる力のすべてをアタックに投入した。

しかし、1回の試みで大きく膨らんだ後、シャルル・ルクレールは後退し、2位に落ち着いた。

「レッドブルに関しては、最初の数周で優位に立っているように思う」とシャルル・ルクレールは説明した。

「彼らはウォームアップに少し苦戦しているけど、タイヤをウィンドウに入れれば、彼らは非常に強い」

「ギャップが1.5秒程度になるまでプッシュしていたけど、5.1秒だとわかったとき、ある意味でマシンをホームに持ち帰っただけだったし、最終的なペースはそれほど代表的ではなかった」

「そうは言っても、スティントの最初はかなりプッシュしたし、最後にタイヤも少しオーバーヒートしていたかもしれない」

シャルル・ルクレールは、チームメイトのカルロス・サインツが3位をキープし、フェラーリがダブル表彰台を獲得したことを喜んだ。スクーデリア・フェラーリは、戦略ミスとピットレーンでの不十分な実行によって台無しにされたいくつかのレースの後、今回は足を踏み外さなかった.

「それはいいことだ」とシャルル・ルクレールは認めた。

「僕たちはこれまでのレースを日曜日の実行、つまりコミュニケーションと戦略を改善するために利用した。すでにいくつかの変更を行っている。今日は簡単なレースではあなかったけど、正しい選択をしたと思う」

マッティア・ビノットも、フェラーリが最近のレースで彼らを悩ませていた問題のいくつかに対処したと感じている。

「全体的に、クルマはウエットでもドライでも、昨日の予選でも今日のレースでもうまく機能していたと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「最初にスリックタイヤに乗り換えたのは我々だった。最初にスリックに交換した我々は勇敢だった」

「ウエットでもドライでもうまくいったし、それがこの週末で最もポジティブだったと思う」

今日の結果は、数学的にシャルル・ルクレールが残りのレースでドライバーズチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンに追いつくことができることを意味する。

しかし、マックス・フェルスタッペンに対して104 ポイントの差があるため、結果を変えるには奇跡が必要であり、コンストラクターズ ランキングでフェラーリがレッドブルの 137 ポイントのアドバンテージを食いつぶすにも、奇跡が必要だ。

シャルル・ルクレール スクーデリア・フェラーリ F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / シャルル・ルクレール / フェラーリ / F1シンガポールGP