ロバート・クビサとセルゲイ・シロトキン、ウィリアムズでさらなる評価

2017年12月6日
ロバート・クビサ ウィリアムズF1 F1
ウィリアムズは、2018年のF1ドライバーの評価を続けており、F1復帰を目指すロバート・クビサとロシアから支援を受けるセルゲイ・シロトキンは、今週グローブのウィリアムズのファクトリーを訪れる。

先週のF1アブダビテストでウィリアムズのF1マシンを走らせたロバート・クビサとセルゲイ・シロトキンは、他の複数の候補者とともにフェリペ・マッサとして検討されている。

セルゲイ・シロトキン、ウィリアムズの2018年のF1シート獲得を望む

2017年12月1日
セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1 ロバート・クビサ
セルゲイ・シロトキンは、ウィリアムズが2018年のドライバーとしてロバート・クビサではなく自分を選んでくれることを待っていると認める。

ウィリアムズの2018年のランス・ストロールのチームメイトはロバート・クビサが最有力候補とされ、他のドライバーもまだ候補のままだが、セルゲイ・シロトキンは今週アブダビで実際に2017年F1マシンをテストしている。

ルノー 「セルゲイ・シロトキンはウィリアムズのF1シートに値する」

2017年11月29日
ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン ルノー
ルノーのアラン・パーメイン(トラックサイド・オペレーション・ディレクター)は、F1アブダビテスト2日目にウィリアムズのテストを担当するセルゲイ・シロトキンは、F1シートに値する実力の持ち主だと語る。

GP2とフォーミュラ・ルノー3.5のウィナーであるセルゲイ・シロトキン(22歳)は、過去2年間でルノーF1のテスト兼リザーブドライバーを務めている。

セルゲイ・シロトキン、ルノーのリザーブドライバーに就任

2017年2月22日
セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンが、2017年のルノーのリザーブドライバーに就任した。

昨年、ルノーのテストドライバーに就任したセルゲイ・シロトキン(21歳)は、平行して参戦したGP2では2年連続で3位でシーズンを終えている。また、テストドライバーの役割の一貫として、セルゲイ・シロトキンは母国ロシアGP、そして、ブラジルGPのフリー走行1回目に出走。シルバーストンでのインシーズンテストでもルノーのF1マシンを走らせている。

セルゲイ・シロトキン、F1ブラジルGPのフリー走行1回目を担当

2016年11月9日
セルゲイ・シロトキン
ルノーは、F1ブラジルGPのフリー走行1にテストドライバーのセルゲイ・シロトキンを起用することを決定した。

今年GP2に参戦するロシア出身のセルゲイ・シロトキンは、今シーズンのF1ロシアGPからルノーに加入した。F1ロシアGPでフリー走行1を担当した。セルゲイ・シロトキンは約半年ぶりにF1マシンのステアリングを握る。

セルゲイ・シロトキン 「F1カーでの走行はいつだって刺激的」 / ルノー

2016年7月13日
セルゲイ・シロトキン F1 シルバーストーンテスト
ルノーは、F1シルバーストーンテスト初日にセルゲイ・シロトキンが48周を走行し、10番手タイムとなる1分36秒891を記録した。

セルゲイ・シロトキン (ルノー)
「F1カーでの時間を得られるのはいつだって刺激的だ! 今日は手順に従ってクルマの開発を進めることが重要だった。僕たちは純粋なパフォーマンス走行はしなかったし、クルマに搭載した新しいパーツの測定と評価をすることに重きを置いた」

セルゲイ・シロトキン 「ルノーでのテストよりもGP2で王座獲得」

2016年5月12日
セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンは、2016年はルノーF1のテストドライバーよりもGP2シリーズのタイトルを獲得することが焦点だと述べた。

2015年にラパックスで初参戦したGP2シリーズを3位で終えたセルゲイ・シロトキンは、今年ストフェル・バンドーンがGP2チャンピオンとなって空席になったARTのシートを獲得し、またルノーのテストドライバー契約も確保して、すでにロシアGPで金曜フリー走行に出走している。

セルゲイ・シロトキン、ジョリオン・パーマーのタイムを上回る

2016年4月30日
セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンが、F1ロシアGPのフリー走行1回目に正ドライバーのジョリオン・パーマーのタイムを上回ってみせた。

26日(火)にルノーとテストドライバー契約を行ったことが正式に発表されたばかりのセルゲイ・シロトキンは、早速F1ロシアGPの金曜フリー走行1回目に出走した。

セルゲイ・シロトキン、2016年以降もルノーと契約の可能性

2016年4月27日
セルゲイ・シロトキン
ルノーがセルゲイ・シロトキンを新しいテストドライバーとして発表したことはF1界を驚かせた。

2013年、まだ10代だったセルゲイ・シロトキンは、財政難のザウバーのための“ロシアの救済契約”の中心として大きな話題となったが、最終的には契約がまとまることはなかった。

現在、セルゲイ・シロトキンは、ロシアの銀行とウラジミール・プーチンに関連したSMPレーシングからGP2に参戦している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム