セルゲイ・シロトキン 「アウトラップでのトラフィックは不運だった」

2018年10月7日
F1 セルゲイ・シロトキン 日本GP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1日本GPの予選を17番手で終えた。

「良いセッションだったと思う。アウトラップでトラフィックに見舞われたのはラッキーではなかったし、ラップをスタートしたときにタイヤは最高の準備ができていなかった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

「でも、それ以外では、自分のラップはとても満足できるものだったと思う」

セルゲイ・シロトキン、2019年のトロロッソ・ホンダ移籍を目指す?

2018年10月4日
F1 トロロッソ・ホンダ セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンが、2019年にトロロッソ・ホンダへの移籍を目指していると報じられている。

トロロッソ・ホンダは、2019年にレッドブル・レーシングへ移籍するピエール・ガスリーの後任としてダニール・クビアトを復帰させることを発表しているが、ブレンドン・ハートレーのシートについては未確定となっている。

セルゲイ・シロトキン 「鈴鹿は一番楽しみにしていたサーキット」

2018年10月4日
F1 セルゲイ・シロトキン 鈴鹿サーキット
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第17戦 日本GPへの意気込みと、鈴鹿サーキットについて語った。

「僕たち全員が知っている通り、日本はとても特別なレースだ。鈴鹿には行ったことはあるけど、走ったことはない。物凄いトラックだし、まだ走ったことのないトラックのなかで一番楽しみにしているトラックだ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

セルゲイ・シロトキン、2019年のウィリアムズ残留はまだ未定

2018年10月2日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1
ウィリアムズは、2019年のF1シートにまだ2つの空席を残っているようだ。

ランス・ストロールは、2019年に父親のローレンス・ストロールがオーナーとなったフォースインディアに移籍することは確実だと考えられているが、ロシアのSMP銀行をスポンサーに持つセルゲイ・シロトキンは残留が濃厚だと考えられていた。

セルゲイ・シロトキン:F1ロシアGP プレビュー

2018年9月28日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第16戦 ロシアGPへの意気込みと、ソチ・オートドロームについて語った。

「自分のホームレースはいつだって嬉しいけど、人生と同じようにアップダウンはある。当然、ホームの観客の前でレースをするのは大きなプレッシャーだ。国中から多くのサポートを得ることができるけど、同時に僕にとってとても忙しい週末だ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「ドイツGPはチームにとって重要な週末になる」

2018年7月19日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第11戦 ドイツGPへの意気込みと舞台となるホッケンハイム・リンクについて語った。

「ホッケンハイムにはとても良い思い出がある。好きなトラックだし、他のトラックよりも僕たちのクルマに適しているはずだ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

セルゲイ・シロトキン:F1カナダGP プレビュー

2018年6月8日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ カナダグランプリ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第7戦 カナダGPへの意気込み、舞台となるジル・ヴィルヌーブ・サーキットについて語った。

セルゲイ・シロトキン (ウィリアムズ)
「モントリオールのサーキットは走ったことがないので楽しみにしている。非常にトリッキーでオールドスクールなトラックだし、かなり楽しいことはわかっている。複雑なシケインとミスをする余地のないブレーキングゾーンがうまくミックスされているし、僕の好きな全てが揃っている。カナダを楽しみにしているし、良いレースになるだろう」

セルゲイ・シロトキン:2018年 F1モナコGP プレビュー

2018年5月24日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1 モナコグランプリ 2018年のF1世界選手権
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPへの意気込みを語った。

セルゲイ・シロトキン (ウィリアムズ)
「モナコでは数年間走っていなかったので、戻ることができて嬉しい。おそらく僕のトップ2~3に入るイベントだ。本当に楽しいトラックだし、あの場所を初めてF1カーで走ることはとても良い経験になるだろう」

セルゲイ・シロトキン:2018 F1アゼルバイジャンGP プレビュー

2018年4月26日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1 アゼルバイジャンGP 2018年のF1世界選手権
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、F1アゼルバイジャンGPが開催されるバクー市街地コースの見所とレースにむけての意気込みを語った。

セルゲイ・シロトキン
「バクーは、非常に長く高速なストレートとトリッキーでハードなブレーキングゾーンが組み合わせられたかなり難しいトラックだと思う。ミスをする余地はないし、そこがかなり良いレースを生み出しているし、優れたオーバーテイクの機会を提供してくれる」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム