セルゲイ・シロトキン 「最悪の週末からなんとか立ち直ることができた」

2018年11月25日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ アブダビGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1アブダビGPの予選を19番手で終えた。

「とても厳しかった。おそらく外から思うよりも自分から多くを引き出せたラップだった。今週末ここまでの進み方は僕にとってシーズンで最悪だった。苦しんだし、大量の仕事をこなさなければならなかった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「ウィリアムズが競争力不足でもF1を続けたかった」

2018年11月23日
F1 セルゲイ・シロトキン
ウィリアムズのF1シートを喪失することになったセルゲイ・シロトキンは、発表まで数日間の心の準備を整えれる時間はあったものの、まだ来年自分がF1ドライバーではないという事実を信じることができていないと語る。

今年ウィリアムズでF1デビューを果たしたセルゲイ・シロトキンだが、チームは2019年のドライバーとしてジョージ・ラッセルとロバート・クビサを起用することを決定。シロトキンはわずか1年でF1シートを喪失することとなった。

セルゲイ・シロトキン後援者 「ウィリアムズ離脱は我々側の決定」

2018年11月23日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
セルゲイ・シロトキンを後援するSMPレーシングは、ウィリアムズを離脱したのは自らの決断だと主張。2018年のチームのパフォーマンスと開発不足を離脱の理由として挙げた。

ウィリアムズは11月22日(木)、すでに2019年のドライバーとして発表しているジョージ・ラッセルのチームメイトとして、セルゲイ・シロトキンに代えてロバート・クビサを起用することを正式発表した。

セルゲイ・シロトキン 「アブダビはウィリアムズとの思い出の場所」

2018年11月21日
F1 セルゲイ・シロトキン アブダビGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが、2018年のF1世界選手権の最終戦となるアブダビGPへの意気込みとヤス・マリーナ・サーキットについて語った。

「アブダビは去年ウィリアムズでテストデビューした場所なのでとても良い思い出がある。トラックはチャレンジングだし、セクター3がとても厳しくてラップ全体で優れたタイヤマネジメントが要求される」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

セルゲイ・シロトキンの“Driver of the Year”獲得にreddit民が組織票

2018年11月21日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンに“Driver of the Year”を獲らせようとreddit民が組織票を投じているようだ。

Sky Sportsは、“Driver of the Year”を決定するために投票を実施。序盤はルイス・ハミルトンがリードしていたが、驚くほどの速さでセルゲイ・シロトキンが抜いて首位に浮上した。

セルゲイ・シロトキン 「僕の仕事の結果が他人に渡るのは耐えられない」

2018年11月20日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのドライバーを務めるセルゲイ・シロトキンは、F1シート喪失の噂に“ナーバス”になっていると認める。

ロバート・クビサの母国ポーランドの Przeglad Sportowy は、今週木曜日にウィリアムズが2019年のジョージ・ラッセルのチームメイトとしてロバート・クビサの起用を発表すると報道。

セルゲイ・シロトキン 「スタート直後からとても難しいレースだった」

2018年11月13日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1ブラジルGPの決勝レースを18位で終えた。

「スタート直後からとても難しいレースだった。僕たちは周りのクルマほどのペースがなかった。最初の数周はトリッキーだった。氷の上を踊っているみたいだったし、戦うと言うよりもクルマをコースにとどめておくことすら難しかった」とシロトキンはコメント。

ルイス・ハミルトン、セルゲイ・シロトキンとのニアミス事故に不快感

2018年11月11日
F1 ルイス・ハミルトン セルゲイ・シロトキン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ブラジルGPの予選Q2でのセルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)とのニアミス事故について説明。シロトキンの動きは“無作法”だったと不快感を示した。

予選Q2の中盤、ルイス・ハミルトンがラインを外してステアリングを左に切ったところにセルジイ・シロトキンが現れ、あわや接触というシーンがあった。

セルゲイ・シロトキン 「不安定なコンディションは僕たちに向いている」

2018年11月11日
F1 セルゲイ・シロトキン ブラジルGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1ブラジルGPの予選でQ2進出を果たして15番手だった。

「トリッキーなコンディションは僕たちに常に向いているし、良いセッションだった。曇っていたり、湿っているときの方が僕たちはいつも良いパフォーマンスを発揮する。クルマの感触はとても良かったし、Q1で他のみんなよりも1周少ない走行で通過できたのはポジティブなことだ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム