セルゲイ・シロトキンの父親 「息子は全てのエリアでクビサよりも強い」

2018年1月20日
F1 ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン ロバート・クビサ
ウィリアムズの2018年のFレースシートを獲得したセルゲイ・シロトキンは、彼の息子はテストのおける全てのエリアでロバート・クビサよりも“強かった”ことで念願のシートを獲得することができたと語る。

22歳のロシア人ドライバーが2018年のウィリアムズのドライバー候補に浮上した際にはサプライズとして受け止められていたが、昨年11月のアブダビテストではロバート・クビサに対して期待を上回るパフォーマンスをみせた。

セルゲイ・シロトキン、固定カーナンバーは“35”を申請

2018年1月19日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1
2018年にウィリアムズでのF1デビューが決定したセルゲイ・シロトキンは、F1キャリアで使用するカーナンバーとして“35”を申請した。

ウィリアムズは16日(火)、セルゲイ・シロトキンが2018年のF1ドライバーを務めることを正式発表。併せてランス・ストロールのチーム残留を正式発表した。

ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンの起用を正式発表

2018年1月16日
F1 ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン
ウィリアムズは、セルゲイ・シロトキンが2018年のF1ドライバーに起用することを発表。併せてランス・ストロールの続投も正式発表された。

昨年末でフェリペ・マッサがF1引退を発表。ウィリアムズの2018年のランス・ストロールのチームメイトの座は空席となった。それ以降、ウィリアムズは、2018年のドライバー候補として様々まドライバーを評価してきた。

セルゲイ・シロトキンのスポンサー、F1シート獲得報道に「ノーコメント」

2018年1月10日
F1 ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン
セルゲイ・シロトキンの交渉に近い男は、ウィリアムズの2018年のドライバーラインナップがすでに確定したとの報道に「ノーコメント」と述べた。

2018年のランス・ストロールのチームメイト候補としては、以前はロバート・クビサが最有力候補に挙げられていたが、今ではセルゲイ・シロトキンがシートを確保したとの見方が強い。

ウィリアムズ、セルゲイ・シロトキンと2年契約との報道

2018年1月4日
F1 ウィリアムズF1 セルゲイ・シロトキン
ウィリアムズは、セルゲイ・シロトキンと2年解約を結ぶと Auto Bild が報じている。

ウィリアムズには、フェリペ・マッサが2017年シーズン限りでF1を引退したことで空席ができている。これまでロバート・クビサのF1復帰が噂され、一時は構想から外れたものの、新たに“開幕7戦で8億円”のオファーを提示して候補に復帰したと報じられていた。

ルノーF1 「セルゲイ・シロトキンはウィリアムズのF1シートに相応しい」

2017年12月24日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1 ルノーF1
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アブテブールは、2018年のウィリアムズのドライバー候補に挙げられているセルゲイ・シロトキンは、F1シートに値する実力の持ち主だと太鼓判を押す。

過去2年間ルノーでリザーブドライバーを務めてきたロシア出身のセルゲイ・シロトキンは、アブダビで開催されたポストシーズンテストにウィリアムズから参加。2018年のランス・ストロールのチームメイト候補のなかで最有力候補だと考えられている。

ロシアの大富豪、セルゲイ・シロトキンのシート獲得に自信

2017年12月18日
セルゲイ・シロトキン F1 ウィリアムズF1
ロシアの大富豪ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクは、セルゲイ・シロトキンのために2018年のウィリアムズのF1シートを獲得することに懸命に取り組んでいると語る。

2018年のウィリアムズの最後のF1シートを巡っては高い推測の太陽となっており、ロシア人のセルゲイ・シロトキンとF1復帰を目指すロバート・クビサがシートを争っているとされている。

セルゲイ・シロトキンのマネジメント 「ウィリアムズの決定はまもなく」

2017年12月12日
ウィリアムズF1 セルゲイ・シトロキン ロバート・クビサ
ウィリアムズは、まもなく2018年のF1ドライバーについての決断を下すと報じられている。

これまで、2018年のウィリアムズのドライバー候補は、F1復帰を目指すロバート・クビサと、今年ルノーのリザーブドライバーを務めたセルゲイ・シロトキンの二人に絞り込まれたと報じられてきた。

しかし、ここに来てロバート・クビサがウィリアムズの構想から外れ、セルゲイ・シロトキンがF1シートを獲得する可能性が高いと報じられている。

ウィリアムズ、資金持ち込みのシロトキンとリザーブドライバー契約?

2017年12月11日
ウィリアムズF1 セルゲイ・シトロキン F1 ロバート・クビサ
ウィリアムズは、2018年にロバート・クビサをレースドライバーに起用し、ロシアマネーを持ち込むセルゲイ・シロトキンとはリザーブドライバーとして契約すると報じられている。

2018年のF1シートの空席は残すはウィリアムズのひとつだけとなった。現在、ランス・ストロールのチームメイトの最有力候補に挙げられているのがロバート・クビサ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム