F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ アブダビGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1アブダビGPの予選を19番手で終えた。

「とても厳しかった。おそらく外から思うよりも自分から多くを引き出せたラップだった。今週末ここまでの進み方は僕にとってシーズンで最悪だった。苦しんだし、大量の仕事をこなさなければならなかった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

「予選に向けて自信はなかったけど、気持ちよく終えたかったので、自分自身を追い込んで、本気でモチベーションを高めていった。体力的にも精神的にもトップレベルのパフォーマンス取り戻すまで大変だった。理想的な週末ではなかったけど、満足しているし、ここまで立ち直ることができたのはちょっとした勝利のようなものだ。長いシーズンずっと僕をサポートしてくれた人たち、特に今日の予選のために何が起こっているのか理解してクルマを仕上げてくれた人たちに感謝したい」

関連:【動画】 F1アブダビGP 予選 ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルゲイ・シロトキン / ウィリアムズ / F1アブダビGP