F1 ウィリアムズ セルゲイ・シロトキン
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1アブダビGPの決勝レースを15位で終えた。

今シーズン、1ポイントの獲得でランキング最下位で終えたセルゲイ・シロトキンは、今シーズン限りでウィリアムズのシートを失い、来季の去就はまだ未定となっている。

「本当に酷いレースだった。最高のスタートは切れなかったし、すぐに多くの順位を失って、続くコーナーのシークエンスに向けても最適なポジションにいなかった」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

「レースの3分の1でクルマにオーバーヒートの問題を抱えていて、大量に冷却しなければならなかった。本当に苦しいレースだったし、苦しいスティントだった。できる限り早くに冷却できるように最善を尽くしたけど、他のクルマがピットに入って、僕の後ろで出てきたことで、戦いながらもクルマを冷却して保護しなければならずゴタゴタだった。楽しむことができなかった。とても苦しいレースだった。本当は楽しみたかったし、このような形でシーズンを終えるのはとても苦しい」

関連:F1アブダビGP 結果:王者ルイス・ハミルトンが今季11勝目で有終の美

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルゲイ・シロトキン / ウィリアムズ / F1アブダビGP