ミック・シューマッハ、2018年のヨーロッパF3でチャンピオンを獲得!

2018年10月14日
F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハが、2018年のヨーロッパF3選手権のチャンピオンを獲得した。7度のF1ワールドチャンピオンである父親のミハエル・シューマッハと同じ道を歩み始めた。

今年、ヨーロッパF3選手権で2年目を迎えているミック・シューマッハは、第5戦で初優勝を果たすと破竹の勢いで8勝を挙げてランキングトップに浮上。2位のダニエル・ティクトゥムに49ポイント差をつけて最終戦の舞台となるホッケンハイムに乗り込んだ。

ロス・ブラウン 「ルイス・ハミルトンはシューマッハの記録を破る」

2018年10月13日
F1 ルイス・ハミルトン
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ルイス・ハミルトンがミハエル・シューマッハの7度のF1ワールドチャンピオンという偉大な記録を打ち破る可能性があると考えている。

33歳のルイス・ハミルトンは、現在、チャンピオンシップでセバスチャン・ベッテルに67ポイント差をつけており、次戦アメリカGPで優勝し、ベッテルが3位以下でフィニッシュすれば、5度目のF1ワールドチャンピオンを手にし、ファン・マヌエル・ファンジオと並んで歴代2位に浮上する。

セバスチャン・ベッテル 「ミハエル・シューマッハの助言があれば・・・」

2018年9月23日
F1 セバスチャン・ベッテル ミハエル・シューマッハ
セバスチャン・ベッテルは、友人であり、師匠でもあるミハエル・シューマッハのアドバイスを懐かしく感じているようだ。

今年、フェラーリはグリッドで最強のマシンと評されているが、セバスチャン・ベッテル自身のミスやフェラーリの戦略ミスによって数々のチャンスを逃しており、結果的にメルセデスとルイス・ハミルトンにチャンピオンシップでリードを許している。

「ミック・シューマッハは父の遺伝子をしっかり受け継いでいる」

2018年8月30日
F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、父親であるミハエル・シューマッハの遺伝子をしっかりと引き継いでおり、父の足跡をたどってF1に到達する能力があると元F1ドライバーで現在はDTM(ドイツツーリングカー選手権)の代表を務めるゲルハルト・ベルガーは語る。

今年、ヨーロッパF3選手権に参戦しているミック・シューマッハは、先週末のミサノラウンドで今季3勝目を挙げ、ドライバーズ選手権4位に浮上している。

ミハエル・シューマッハのスペイン・マヨルカ島への移住は“誤報”

2018年8月17日
F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハがスペインのマヨルカ島に移住するとの報道に対し、シューマッハのマネージャーであるザビーネ・ケームとスペインのアンドラッチ市の広報担当者が揃って“誤報”であると否定した。

今週、ミハエル・シューマッハとその家族が、スイスのジュネーブ湖の自宅からスペインのマヨルカ島に移住すると報じられた。

ミハエル・シューマッハ、スペイン・マヨルカ島に移住との報道

2018年8月16日
F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、スペインのマヨルカ島に移住すると報じられている。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月にフランスでのスキー事故で頭部に重傷を負い、スイスのジュネーブ湖の自宅で療養を続けているとされている。

ルカ・バドエル 「ミハエル・シューマッハの元を“定期的”に訪れている」

2018年4月29日
F1 ミハエル・シューマッハ ルカ・バドエル
元F1ドライバーで長年フェラーリのテストドライバー務めたルカ・バドエルは、“定期的”にミハエル・シューマッハの元を訪れていることを明らかにした。

先週、フェラーリでミハエル・シューマッハの元チームメートだったルーベンス・バリチェロが、シューマッハの家族から訪問を拒否されたことを明らかにしていた。

ミハエル・シューマッハのカートサーキットが閉鎖

2018年1月10日
F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの有名なカートサーキットが閉鎖されることになった。

ケルンから約30キロ離れたケルペンに位置する「Michael SCHUMACHER KART CENTER」のある土地は、ドイツ企業RWEによって2020年から石炭採掘の土地に指定された。

パパラッチ、ミハエル・シューマッハの現状を追うも記事化に躊躇

2018年1月6日
F1 ミハエル・シューマッハ
報道機関は今でもミハエル・シューマッハの現状を伝えるために取材を続けているが、記事化には二の足を踏んでいる。

ミハエル・シューマッハがスキー事故で重傷を負ってから4年の月日が流れ、ファンは今月3日のミハエル・シューマッハの49歳の誕生日を悲しみとともに迎えた。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム