「現時点での最速はレッドブル・ホンダ。メルセデスの開発力に注目」

2021年4月6日
「現時点での最速はレッドブル・ホンダ。メルセデスの開発力に注目」と元F1王者のニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグが、2021年の開幕戦を終えた現時点での最速マシンはレッドブル・ホンダだと考えているが、メルセデスF1に対する優位性が最後まで続くかどうかには疑問を抱いている。

2021年のF1バーレーンGPでは、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに0.4秒の差をつけた。決勝では2対1の構図となったメルセデスF1が戦略面でレッドブル・ホンダを倒したが、そこでも最速のマシンはレッドブル・ホンダだった。

元F1王者ニコ・ロズベルグのXレーシングがエクストリームE開幕戦を制す

2021年4月6日
元F1王者ニコ・ロズベルグのXレーシングがエクストリームE開幕戦を制す
元F1王者のニコ・ロズベルグがオーナーを務めるRosberg X Racing(ロズベルグXレーシング)が、サウジアラビアの砂漠で開催されたエクストリームEの初レースを制した。

週末の最後のレースで、ロズベルグXレーシングは、ルイス・ハミルトンのX44、マクラーレンのCEOを務めるアザク・ブラウンのアンドレッティ・ユナイテッド・エクストリームEチームと対戦した。

「セルジオ・ペレスは4人のF1タイトル候補の一人」とニコ・ロズベルグ

2021年3月23日
「セルジオ・ペレスは4人のF1タイトル候補の一人」とニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2021年のF1世界選手権の4人のチャンピオン候補のなかにレッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスを含めた。

5年前、ニコ・ロズベルグはルイス・ハミルトンを破ってF1ワールドチャンピオンを獲得。ターボハイブリッド時代でハミルトン以外にタイトルを獲得した最後のドライバーとなっている。

ニコ・ロズベルグ 「ミック・シューマッハのF1デビューは僕の10倍難しい」

2021年3月20日
同じ2世ドライバーのニコ・ロズベルグ 「ミック・シューマッハのF1デビューは僕の10倍難しい」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、自分と同じミック・シューマッハのF1デビューは、自身の2006年のデビューよりも“10倍難しい”と考えている。

「“〇〇の息子”というのは簡単なことではない」と1982年のF1ワールドチャンピオンであるケケ・ロズベルグを父に持つニコ・ロズベルグは Sport1 に語った。

元F1王者のニコ・ロズベルグ 「レース復帰に関心はない」

2021年1月16日
元F1王者のニコ・ロズベルグ 「レース復帰に関心はない」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、エクストリームEのチームを設立したが、現役としてモータースポーツ競技に復帰することに関心はないと語る。

現在35歳のニコ・ロズベルグは、2016年にメルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンを破って悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した直後にF1から電撃引退した。

ニコ・ロズベルグ、電動ハイパーカー『リマック C_Two』を購入

2020年11月26日
ニコ・ロズベルグ、電動ハイパーカー『リマック C_Two』を購入 / 元F1ワールドチャンピオン
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、電動スーパーカー『RIMAC C_Two(リマック C_Two)』を購入。プロトタイプを試乗した。

電気モビリティの熱心なプロモーターとして知られるニコ・ロズベルグは、昨年8月、クロアチアのメイト・リマックが創設したリマック・アウトモビリが発売した150台限定のハイパーカー『リマック C_Two』をオーダーした。

ルイス・ハミルトン 「ロズベルグに負けたことを消化できずにいた」

2020年10月22日
ルイス・ハミルトン 「ロズベルグに負けたことを消化できずにいた」 / メルセデスF1
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2016年のF1世界選手権でチームメイトのニコ・ロズベルグに敗れた。現在、6回のF1ワールドチャンピオンとなったハミルトンは、その喪失感を消化するのは難しいことだったと語る。

ニコ・ロスバーグとルイス・ハミルトンは、2016年以降ほとんど話ていない。それは、彼らが互いに戦った激しい決闘のせいもあるが、ルイス・ハミルトンが敗北を受け入れることに苦労したことも原因だった。

元F1王者ニコ・ロズベルグ、自身のエクストリームEチームを設立

2020年10月22日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、自身のエクストリームEチームを設立
2016年のF1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグはエクストリームEチーム『Rosberg Xtreme Racing)ロズベルグ・エクストリーム・レーシング)』の設立を発表。メルセデスF1でチームメイトだったルイス・ハミルトンとチームオーナーとして再び一戦を交えることになった。

ニコ・ロズベルグは、ルイス・ハミルトンを破って2016年に悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した直後にF1を退職。それ以来、多くのサステナビリティスタートアップに投資しており、フォーミュラEの初期の投資家および株主でもある。

F1:ニコ・ロズベルグ 「メルセデスとレーシング・ポイントは同一マシン」

2020年7月26日
F1:ニコ・ロズベルグ 「メルセデスとレーシング・ポイントは同一マシン」
ニコ・ロズベルグは、論争の的となっている昨年のメルセデスと今年のレーシング・ポイントのF1マシンの類似点を RTL Germany の番組で詳しく解説した。

レーシング・ポイントは、昨年メルセデスがタイトルを獲得したW10の詳細な写真を分析してRP20を生み出したとしているが、見た目だけでなく、オールマイティなマシン特性を含めたパフォーマンスまで再現されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム