ラルフ・シューマッハ
ラルフ・シューマッハは、現役を引退し、DTMチームのマネジメントの役割に転向することを発表した。

ラルフ・シューマッハは、2013年シーズンのメルセデスの6名のドライバーのひとりとして発表されていたが、2カ月後のホッケンハイムでの開幕戦を前に、現役を引退することをチームに伝えた。

ラルフ・シューマッハは、Mücke Motorsportのマネジメントに加わることになる。また、メルセデスのDTMチームにおける若手育成を手伝っていく。

ラルフ・シューマッハの後任には、昨年ユーロF3にMücke Motorsportから参戦した若手ドライバーのパスカル・ウェルレインが座る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ラルフ・シューマッハ | DTM(ドイツツーリングカー選手権)