ピエトロ・フィッティパルディ、2023年もハースF1チームのリザーブを継続
ハースF1チームは、ピエトロ・フィッティパルディが2023年のF1世界選手権で公式テスト兼リザーブドライバーとしてチームとの関係を継続することを発表した。

2019年にハースF1チームとリザーブドライバー契約を結んだピエトロ・フィッティパルディは、5年連続でチームをサポートし、VF-23の開発を支援する。以前にVF-18 と VF-19でテストを実施したフィッティパルディは、2020年の最後の 2 ラウンドで負傷したロマン・グロージャンの代役としてVF-20でレースに出走した。

昨シーズン、ピエトロ・フィッティパルディはVF-22で数回の走行を行ったバーレーンでのプレシーズンテスト、メキシコシティとアブダビでの2回のフリープラクティスセッション、そして、ヤス・マリーナ・サーキットでのポストシーズンテストで年を締めくくった。

ピエトロ・フィッティパルディ彼のレース履歴には、複数のレースでの勝利、4つのタイトル(フォーミュラ V8 3.5とフォーミュラ ルノーを含む)、インディカー・シリーズへの数回の出走も含まれている。

2回のF1ワールドチャンピオンであり、インディ500を制したエマーソン・フィッティパルディの孫である26歳ののピエトロ・フィッティパルディは、シーズンを通してコース上で運営上の役割を果たし、オフトラックでの商業およびデジタル業務でチームをサポートする。さらに、2023年には、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のLMP2クラスでデビューし、WEC(FIA 世界耐久選手権)のLMP2クラスで最初のフルシーズンを迎える。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは「私は以前から、F1での成功には継続性と一貫性が重要だと言ってきたが、ピエトロが2023年もチームに残ることで、我々には強い基盤があると信じている」と語った。

「F1では、どんなシナリオにも最小のマージンで対応する必要があるが、ピエトロは実績のあるパフォーマーであり、2020年に2度行ったように、いつでもハンドルを握って運転する準備ができている。昨シーズン、彼はVF-22でプレシーズンテスト、2回のフリー走行、ポストシーズンテストに参加した。驚くべきことに、グリッドの多くのドライバーとは異なり、彼はこのマシンが自分のアグレッシブなスタイルに合っていると言っており、これはサーキット走行時間が限られている私にはありがたい話だ。彼は我々のチームの財産であり、今シーズンも我々と一緒に頑張ってくれることを期待している」

ピエトロ・フィッティパルディは「家族だと思っているマネーグラム・ハースF1チームで仕事を続けられることをとてもうれしく思う」とコメント。

「ハースの公式リザーブ兼テストドライバーとしてF1に参戦するのは5シーズン目になるが、非常に競争力のあるシーズンを終えて2023年に臨むことになり、非常に興奮している。昨年は2回のフリー走行、シーズン初めのテスト、シーズン末のテストに参加し、すでに新シーズンに向けていくつかのことを試すことができた。新しいマシンと新しい開発を見るのが楽しみだ。VF-23でさらに大きな前進ができることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエトロ・フィッティパルディ / ハース