セルジオ・ペレスの2020年10月のF1情報を一覧表示します。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は唯一の選択肢だが長くは待てない」

2020年10月31日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は唯一の選択肢だが長くは待てない」 / F1エミリア・ロマーニャGP 金曜記者会見
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダが2021年の選択肢であることを認めつつも、彼らの決定をあまり長く待つことはできないと語る。

レーシング・ポイントは、アストンマーティンF1に名前を変える2021年のドライバーとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと契約。チームを放出されたセルジオ・ペレスにとって2021年のF1シートの空席は限られてきている。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルの2021年の残留を断言

2020年10月31日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルの2021年の残留を断言…セルジオ・ペレス加入説をシャットダウン
ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、2021年もジョージ・ラッセルがニコラス・ラティフィとともに走ることを断言。セルジオ・ペレスと交代でチームを追われるという推測をシャットダウンした。

先週のF1ポルトガルGPで、サイモン・ロバーツは、ジョージ・ラッセルの将来についての質問に対して残留を明言せず、レーシング・ポイントのシートを失うセルジオ・ペレスが2021年にラッセルに代わってウィリアムズF1に加入するという噂に油を注いだ。

レッドブルF1代表 「金銭的理由でセルジオ・ペレスという選び方はしない」

2020年10月29日
レッドブルF1代表 「金銭的理由でセルジオ・ペレスという選び方はしない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスをドライバーに起用する場合は金銭的な理由だとの推測を否定した。

アレクサンダー・アルボンが期待されたパフォーマンスを示していないことで、2021年のレッドブル・レーシングのセカンドシートには様々な噂が飛び交っている。

ジョージ・ラッセル 「ペレス陣営がウィリアムズF1の噂を煽っている」

2020年10月27日
ジョージ・ラッセル 「ペレス陣営がウィリアムズF1の噂を煽っている」
ジョージ・ラッセルは、自身のウィリアムズF1のシート喪失の噂を煽っているのはレッドブル移籍を目論んでいるセルジオ・ペレス陣営だと考えている。

F1ポルトガルGPの週末を通して、ウィリアムズF1の新しい所有者であるドリルトン・キャピタルがジョージ・ラッセルを放出し、セルジオ・ペレスと彼の強力なメキシコの支持者に置き換える可能性があるとの憶測が広まった。

F1ポルトガルGP:ドライバー・オブ・ザ・デーはセルジオ・ペレス

2020年10月26日
F1ポルトガルGP:ドライバー・オブ・ザ・デーはセルジオ・ペレス
レーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスが、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPのドライバー・オブ・ザ・デーに選出された。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。F1ポルトガルGPでは1周目の接触事故で最後尾まで順位を落としながらも、最終的に7位でフィニッシュする健闘をみせたセルジオ・ペレスが選出された。

ウィリアムズF1、セルジオ・ペレスと契約の噂を否定せず

2020年10月24日
ウィリアムズF1、セルジオ・ペレスと契約の噂を否定せず
ウィリアムズF1は、2021年にジョージ・ラッセルに代わってセルジオ・ペレスが加入するとの噂を否定しなかった。

ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、ビデオ会議ですでに2021年の契約を発表しているジョージ・ラッセルとニコラス・ラティシが残留することを確認することを何度も求められたが、そうすることを拒否した。

セルジオ・ペレス、ウィリアムズF1移籍報道も「交渉は非公開にしたい」

2020年10月23日
セルジオ・ペレス、ウィリアムズF1移籍報道も「交渉は非公開にしたい」
セルジオ・ペレスは、ウィリアムズF1への移籍が噂されているが、まだどのチームとも2021年の契約にサインしていないとコメント。しかし、自身の将来は“すぐに”解決するだろうとF1ポルトガルGPの木曜記者会見で語った。

レーシング・ポイントF1は、アストンマーティンに名前を変える2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと契約することを選択。チームから放出されるセルジオ・ペレスは、F1に留まりたいう願望を繰り返している。

ペレス、レーシング・ポイントF1とは「離婚する妻と一緒にいる気分」

2020年10月18日
ペレス、レーシング・ポイントF1とは「離婚する妻と一緒にいる気分」
セルジオ・ペレスは、レーシング・ポイントF1で過ごす最後の数か月を離婚することが分かっている妻と一緒にいるような気分だと語る。

セルジオ・ペレスは、2021年のレーシング・ポイントの計画から外された。同チームは、アストンマーティンF1に名前を変える来季にむけて4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを獲得。ベッテルはランス・ストロールをチームメイトに従えて新しいF1プロジェクトを主導する。

セルジオ・ペレス、レッドブルF1移籍の可能性に「すべてはオープン」

2020年10月9日
セルジオ・ペレス、レッドブルF1移籍の可能性に「すべてはオープン」 / F1アイフェルGP 木曜記者会見
2021年のレッドブル・ホンダF1移籍が噂されるセルジオ・ペレスは、来季にむけてチームを見つける動きに進歩が見られていると述べた。

先月、レーシング・ポイントは、アストンマーティンへとブランド名を変更する2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルがセルジオ・ペレスに代わって加入することに発表した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム