セルジオ・ペレス、レッドブルF1移籍の可能性に「すべてはオープン」 / F1アイフェルGP 木曜記者会見
2021年のレッドブル・ホンダF1移籍が噂されるセルジオ・ペレスは、来季にむけてチームを見つける動きに進歩が見られていると述べた。

先月、レーシング・ポイントは、アストンマーティンへとブランド名を変更する2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルがセルジオ・ペレスに代わって加入することに発表した。

F1シートを失うことになったセルジオ・ペレスのオプションは限られており、ハースとアルファロメオが最も可能性の高い選択肢だと考えられているが、アルファロメオはキミ・ライコネンが残留し、新たにミック・シューマッハを起用することを決定したとされている。

また、ハースに関しても、ロシアの大富豪であるドミトリー・マゼピンが、息子ニキータ・マゼピンのためにチームを買収するという噂や、エンジン供給元のフェラーリがカラム・アイロットを乗せようとしているという噂もある。

もうひとつの選択肢として挙げられているのが、苦戦するアレクサンダー・アルボンに代わってレッドブル・ホンダF1に移籍することだ。アストンマーティンというタイトルスポンサーを失うレッドブルにとって、ペレスがもたらすメキシコのスポンサーは魅力的だと考えられている。

F1アイフェルGPに先立って将来について質問されたセルジオ・ペレスは「現時点では報告するものはないし、サインもしていない。いくつかの進歩があった。もう少し時間がかかると思う。F1ではサインするものがなくなるまで、すべてが宙に浮いているし、何も言うことはない」

F1ロシアGPでレッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてアレクサンダー・アルボンを維持する意向を示しつつも、セルジオ・ペレスやニコ・ヒュルケンベルグも代替オプションとして“認識”していることを認めている。

レッドブル・ホンダF1移籍の見通しについて質問されたセルジオ・ペレスは「オプションをオープンなままにしている」と語った。

「彼らもそれは知っていると確信している。僕が言っているように、今のところ、それはすべてのドアをオープンなままにしているし、忍耐強くいることが重要だ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「僕は急いでいないし、今後数週間で何が起こるか見てみよう。言ったように、その点に関していうことはあまりない。今は自分のチームとのシーズンに完全に集中している。僕たちは進歩を果たしているし、僕のシーズンは軌道に乗っている。週末ごとに結果を出していきたいだけだ」

「コンストラクターズ選手権で3位に近づいているし、それが今の焦点だ。将来のことは時間の問題だし、正直に言うと、これ以上言うことはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / レーシングポイント