ジョージ・ラッセル 「ペレス陣営がウィリアムズF1の噂を煽っている」
ジョージ・ラッセルは、自身のウィリアムズF1のシート喪失の噂を煽っているのはレッドブル移籍を目論んでいるセルジオ・ペレス陣営だと考えている。

F1ポルトガルGPの週末を通して、ウィリアムズF1の新しい所有者であるドリルトン・キャピタルがジョージ・ラッセルを放出し、セルジオ・ペレスと彼の強力なメキシコの支持者に置き換える可能性があるとの憶測が広まった。

ジョージ・ラッセルはウィリアムズF1のエンジンサプライヤーであるメルセデスに支援されており、メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、ウィリアムズにラッセルを乗せておくようにアドバイスした。

「新しい所有者はチームを前進させたいと思っている」とトト・ヴォルフはポルトガルで語った。

「それは良いドライバーでのみ可能だ。私が彼らの立場ならばラッセルをキープするだろう」

しかし、ウィリアムズF1がジョージ・ラッセルを切り捨てたとしても、メルセデスはウィリアムズF1を罰することはないトト・ヴォルフは主張する。

「我々は幸せではないだろうが、ウィリアムズとの関係を損なうことはないだろう。エンジン契約はラッセルとは関係がない」とトト・ヴォルフは語った。

「我々は2025年までウィリアムズと契約を結んでおり、メルセデスは契約を尊重することで知られている。そしてウィリアムズの独立性を尊重している。チームにとってベストな決定を下さなければならない」

トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルが放出された場合、メルセデスは彼を「センセーショナルなリザーブドライバーとして使用し、2022年以降に向けて彼を準備するために可能な限り多くのテストの機会を与える」と語った。

ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレスの噂は非常に政治的であり、おそらく“ペレス陣営”によって他チーム=レッドブルに圧力をかけるためにウィリアムズF1の噂が煽られているのではないかと疑っている。

「おそらくレッドブルだ。それが僕の意見だ」とジョージ・ラッセルは語った。

「ここで新しいオーナーと話をしたけど、心配しないでほしいと言われた。それから、シーズンの残り、来年、そしてチームの発展について話をした。それで十分だ」とジョージ・ラッセルは明かした。

セルジオ・ペレスは、2021年にアストンマーティンF1に名前を変えるチームがセバスチャン・ベッテルと契約したことによってシートを喪失。日曜日に自信の将来についての決定は“まもなく”行われだろうと語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / ウィリアムズ / セルジオ・ペレス