セルジオ・ペレス 「レッドブルF1は唯一の選択肢だが長くは待てない」 / F1エミリア・ロマーニャGP 金曜記者会見
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダが2021年の選択肢であることを認めつつも、彼らの決定をあまり長く待つことはできないと語る。

レーシング・ポイントは、アストンマーティンF1に名前を変える2021年のドライバーとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと契約。チームを放出されたセルジオ・ペレスにとって2021年のF1シートの空席は限られてきている。

セルジオ・ペレスは、ウィリアムズとアルファロメオの両方にリンクされていたが、両チームとも2021年に現行ドライバーを継続することを確認し、4つのシートがさらに埋まった。

レッドブル・レーシングは、2021年もマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてアレクサンダー・アルボンを継続するかどうかをまだ決定しておらず、苦境に陥っているアルボンを外すことを選択した場合には、レッドブルの若手プールの外に目をむけるつもりであることを公然と認めている。そして、セルジオ・ペレスのレース経験とメキシコからもたらされる健全なスポンサーシップはレッドブルにとって魅力的だと考えられている。

先週末、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスは、アレクサンダー・アルボンをどうするかを決定するまで待つことになるだろうと語っている。

「ドライバーの誰もが他のどのシートよりもレッドブルを優先するのは明らかだと思うので、彼らは決定がどうなるかを待つと想像している」とクリスチャン・ホーナーは語った。

情報筋によると、セルジオ・ペレスの代理人とレッドブルが2021年の契約の可能性についてすでに交渉に入っていることを示唆している。しかし、セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダのシートは明確な魅力的だが、2021年にグリッドに留まるための選択肢が狭くなっているため、あまり長く待つことはできないと語る。

交渉が始まったかどうか、そして、レッドブル・ホンダへの移籍は現実的な選択肢かと質問されたセルジオ・ペレスは「現時点では、彼らを除外するつもりはない」とコメント。

「彼らが確認しない限り、彼らはオプションだ、まだ(ラインナップを)確認していないすべてのチームと同じだ。時が経つにつれ、来年もグリッドに留まるチャンスは非常に少なくなっていると思う」

「非常に微妙なラインがあると思う。リスクを冒して待って、何が起こるかを見る時間はある」

「シーズンが終わりに近づいているので、チームが何が起こっているのか、今後何が起こっているくのかを知ることはドライバーにとっても重要だと思う。僕は考えられるすべての選択肢を検討しているし、これ以上長く時間をかけることはできない」

マックス・フェルスタッペンと並んでレッドブル・ホンダで“ナンバー2”のステータスを受け入れるかと質問されたセルジオ・ペレスは「それについては詳しく考えていない」と答えた。

「ナンバー2のステータスはコース上で与えられる。加入したときにチームが『すでに君はナンバー2だ』と伝えるチームがいるのならば、とても驚くだろう。そうなったら驚くだろうけど、もちろん、レッドブルで物事がどのように機能しているかは僕にはわからない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP