ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルの2021年の残留を断言…セルジオ・ペレス加入説をシャットダウン
ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、2021年もジョージ・ラッセルがニコラス・ラティフィとともに走ることを断言。セルジオ・ペレスと交代でチームを追われるという推測をシャットダウンした。

先週のF1ポルトガルGPで、サイモン・ロバーツは、ジョージ・ラッセルの将来についての質問に対して残留を明言せず、レーシング・ポイントのシートを失うセルジオ・ペレスが2021年にラッセルに代わってウィリアムズF1に加入するという噂に油を注いだ。

しかし、今週末のF1エミリアロ・マーニGPに先った記者会見で、サイモン・ロバーツは先週の態度が“混乱”を引き起こしてしまたと謝罪し、今年初めに前チーム代表のクレア・ウィリアムズが下した決定に沿って、2021年もジョージ・ラッセルはウィリアムズF1に残留するを確認した。

「先週、私は少し混乱を引き起こしてしまった。それについては申し訳なかった」とサイモン・ロバーツはイモラで語った。

「ドライバーのポジションについてコメントしたくはなかったが、ジョージが言ったように、クレアは今年初めに発表した。何も変わっていないし、それが今年と来年のドライバーラインナップだ。我々は彼らに非常に満足しており、継続的に彼らと協力することを楽しみにしている」

ジョージ・ラッセル自身、来年もウィリアムズF1にいることへの自信を繰り返した。

「先週、僕が言ったことをそのまま話すことになる」とジョージ・ラッセルは語った。

「何も変わっていない。今年初めに発表された。明らかに多くの憶測が飛び交い、僕も言ったようにマッケートには多くの良いドライバーがいる。でも、僕は来年、2021年もウィリアムズF1のシートに座っている。それが私が言うことができることだ」

ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレスの周りにいる人々が、本命であるレッドブル・ホンダへの移籍への駆け引きとして、がウィリアムズF1の噂をかき立てたと示唆していた。

22歳のジョージ・ラッセルは、2021年にセルジオ・ペレスによって自分のシートを奪われる可能性があるという推測が自分のパフォーマンスに影響を与えたことを認めるが、最終的にそれはコース上でのパフォーマンスを向上させる後押しになったと語る。

「もちろん、安定していることは常に素晴らしいことだ」とジョージ・ラッセルは続けた。

「自分の仕事が奪われる可能性があるという憶測を聞くのは決して良いことではないけど、それでも、自分はコース上でパフォーマンスを発揮できるという自信があったし、最終的にはコース上で伝えなければならなかった。サイモンが言ったように、いろいろと憶測が飛び交っていても、2021年に何も変わらないと確信していた」

「そして、僕が言ったように、その憶測の多くは、過去数週間にわたって、これらの問題を引き起こすために、他のチームメンバーまたはドライバーを取り巻くチームを介して供給された。間違いなく僕は満足しているし、この旅を続けられることを嬉しく思っている」

将来が確保されたジョージ・ラッセルは、2021年も自分とウィリアムズF1の着実な改善の道を歩み続けたいと語った。

「継続的な進歩が目標だ。僕たちは現実的だ。ローマは一日にして成らずだ。僕たちははるかに遅れをとっている。今年の僕たちが果たした進歩、アルファロメオやハースとどれくらい戦えているかは、実際にはとても嬉しい驚きだった。そして、来年はさらにミッドフィールドに近づき、ミッドフィールドとさらに戦えることを願っている」

「僕の目標は、最高のパフォーマンスを維持し、向上し続けることだ。僕は1番になりたい。将来、チャンピオンシップと勝利のために戦いたいと思っている。それを達成したければ、向上し続ける必要があることは分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1イタリアGP / セルジオ・ペレス / ジョージ・ラッセル