トロロッソ、ハートレーに代えてパスカル・ウェーレイン起用の噂を否定

2018年5月16日
F1 トロロッソ B. ハートレイ スペイングランプリパスカル・ウェーレイン
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、トロロッソ・ホンダがブレンドン・ハートレーを解雇し、パスカル・ウェーレインを起用するとの噂を否定した。

一度はレッドブルのジュニアプログラムを外されたブレンドン・ハートレーだったが、WECで実績を積み、昨年末にダニール・クビアトに代わってトロロッソでF1デビュー。今年はトロロッソ・ホンダからフル参戦している。

パスカル・ウェーレイン 「スーパーフォーミュラに興味を持っていた」

2018年3月5日
パルカル・ウェーレイン スーパーフォーミュラ
パスカル・ウェーレインは、日本でスーパーフォーミュラに参戦することに興味を持っていたが、DTM(ドイツツーリングカー選手権)とメルセデスF1でのリザーブドライバーの役割に専念するために断念することになったと語った。

昨年までザウバーでF1を戦ったパスカル・ウェーレイン(23歳)だが、フェラーリとザウバーとの提携の一環としてザウバーはシャルル・ルクレールを起用。ウェーレインはF1のレースシートを失った。

パスカル・ウェーレイン、スーパーフォーミュラ参戦の可能性は消滅

2018年2月27日
パスカル・ウェーレイン スーパーフォーミュラ
パスカル・ウェーレインが、2018年に日本でスーパーフォーミュラに参戦する可能性はなくなったようだ。

以前、メルセデスでのDTM復帰した際、パスカル・ウェーレインは日本でスーパーフォーミュラに参戦することにオープンな姿勢をみせていた。

しかし、その後、パスカル・ウェーレインが、メルセデスAMG F1チームのリザーブドライバーを務めることも正式に発表され、DTMと日程が重ならない全てのグランプリに帯同することになる。

メルセデスF1、ウェーレインとラッセルをリザーブドライバーに起用

2018年2月23日
F1 メルセデスAMG F1 2018年のF1世界選手権
メルセデスF1チームは、2018年のF1世界選手権でパスカル・ウェーレインとジョージ・ラッセルの2名を公式リザーブドライバーに起用することを発表した。

昨年までザウバーのレースドライバーを務めていたパスカル・ウェーレインだが、F1でレースシートを獲得することができず、今季は2015年にチャンピオンを獲得したDTM(ドイツツーリングカー選手権)にメルセデスから復帰を果たす。

パスカル・ウェーレイン 「F1シートのために20億円を調達できなかった」

2018年2月8日
F1 パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインは、セルゲイ・シロトキンがウィリアムズのF1シートを獲得したのは豊富な資金力のおかげであることを暗に示唆した。

過去2年間F1で戦ってきたパスカル・ウェーレインだったが、フェラーリとの提携を許可したザウバーが、フェラーリの育成ドライバーでF2チャンピオンのシャルル・ルクレールの起用を決定したことで、2018年のF1シートを失った。

パスカル・ウェーレイン 「スーパーフォーミュラ参戦も検討している」

2018年2月8日
パスカル・ウェーレイン ドイツツーリングカー選手権 メルセデス・ベンツ
2018年にメルセデスからDTM(ドイツツーリングカー選手権)に復帰することが決定したパスカル・ウェーレインだが、2019年にF1グリッドに戻るために日本でスーパーフォーミュラに参戦する可能性を模索している。

過去2年間F1で戦ってきたパスカル・ウェーレインだったが、ザウバーがフェラーリの育成ドライバーでF2チャンピオンのシャルル・ルクレールの起用を決定したことで、2018年のF1シートを失った。

メルセデス、パスカル・ウェーレインのDTM復帰を発表

2018年2月7日
パスカル・ウェーレイン ドイツツーリングカー選手権 メルセデス・ベンツ
メルセデスは、パスカル・ウェーレインが2018年にドイツツーリングカー選手権に復帰することを正式発表した。

パスカル・ウェーレインは、2015年にメルセデスからDTMに参戦して史上最年少でチャンピオンを獲得。2016年にマノーでF1デビューし、2017年はザウバーでF1を戦った。

パスカル・ウェーレイン、2018年はDTM復帰が濃厚に

2018年2月7日
F1 パスカル・ウェーレイン ドイツツーリングカー選手権
F1のレースシートを確保できなかったパスカル・ウェーレインは、2018年にドイツツーリングカー選手権(DTM)に復帰するようだ。

過去2年間、競争力に欠けるマノー、ザウバーでポイントを獲得して実力を示してきたパスカル・ウェーレインだが、ザウバーは2018年のドライバーとしてフェラーリの育成ドライバーのシャルル・ルクレールを起用。パスカル・ウェーレインはシートを失った。

メルセデスF1、パスカル・ウェーレインをテストドライバーに起用

2018年1月26日
F1 パスカル・ウェーレイン メルセデスAMG F1
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、パスカル・ウェーレインが2018年のメルセデスF1チームの“テストドライバー”を務めることを確認した。

メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレインは、2016年にマノーでF1デビューして弱小チームでポイントを獲得。昨年はザウバーに移籍して再びポイントを獲得していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム