パスカル・ウェーレイン、2020年もフェラーリF1チームでの仕事を継続
パスカル・ウェーレインは、2020年もフェラーリのF1シミュレータープログラムでの役割を継続する。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「来年にむけて我々には非常に経験豊富なドライバーがいる。パスカルはこれからのシーズンも我々と一緒に作業していく」と motorsport-total.com に語った。

元ザウバーとマノーのF1ドライバーであるパスカル・ウェーレインは、フェラーリでの仕事と並行してフォーミュラEに参戦している。

「また、長年シミュレーターを運転してきた経験の浅いF1ドライバーを起用する可能性もある」とマッティア・ビノットはコメント。ビノットがそう言及するのはブレンドン・ハートレーとアントニオ・フォコ、ダニデ・リゴンのことだと思われる。

「シミュレーターはますます重要になっている。今後我々はそこにもっと投資していく」

また、マッティア・ビノットは、2020年に育成プログラムであるフェラーリ・ドライバー・アカデミーを拡大すると語る。

「女性ドライバーも探している。女性もフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるべきだ」とマッティア・ビノットはコメント。

「それをすぐに実現できるように現在取り組んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / パスカル・ウェーレイン / フェラーリ