マクラーレンの2022年10月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」

2022年10月31日
マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、2021年のF1コストキャップのプロセスが成功裏に終わったことを歓迎しているが、レッドブル・レーシングのペナルティは十分に厳しいものではなかったと述べている。

金曜日、FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルに700万ドル(約10億円)の罰金を科し、今後12か月間、空力テストの10%削減を言い渡した。一方、アストン マーティンは、手続き違反で45万ドル(約6630万円)の罰金を科された。

ダニエル・リカルド 角田裕毅との接触は「目に余るほどではない」

2022年10月31日
ダニエル・リカルド 角田裕毅との接触は「目に余るほどではない」 / F1 メキシコGP 決勝
ダニエル・リカルドは、F1メキシコGPの途中で角田裕毅との劇的な衝突で彼のレースに汚点を残したが、2022年で最も強力ともいえるパフォーマンスで10秒ペナルティを跳ね返して7位でフィニッシュ。複雑な心境を語った。

71周中51周目に角田裕毅に追いついたダニエル・リカルドは、ターン6のインサイドで11位を奪おうとしたが、角田の右側のサイドポッドにぶつかり、空中に飛ばしてランオフに追い込んだ。

ダニエル・リカルド 「ハースF1移籍よりリザーブドライバーの方がベター」

2022年10月26日
ダニエル・リカルド 「ハースF1移籍よりリザーブドライバーの方がベター」
ダニエル・リカルドは、2023年にハースF1チームでF1キャリア維持したくないというギュンター・シュタイナーの疑いを確認した。

ハースF1チームの代表ギュンター・シュタイナーは、オースティンで、ダニエリ・リカルドがミッドフィールドのフルタイムのF1レースシートよりも来年トップチームのリザーブシートを好むように見える理由がわからないと語った。

アレックス・パロウ 「インディカーを捨ててF1リザーブを務める気はない」

2022年10月25日
アレックス・パロウ 「インディカーを捨ててF1リザーブを務める気はない」
2021年のインディカーチャンピオンであるアレックス・パロスは、最初にリザーブドライバーを受け入れて、F1にフルタイムに参戦するという手順を踏むつもりはないと語る。

25歳のスペイン人であるアレックス・パロウは、F1アメリカGPのフリー走行1回目にマクラーレンから出走して正式なF1デビューを果たしたかもしれないが、2023年にフルタイムでサインアップする気はない。

アレックス・パロウ 「スーパーハッピー!1時間できることはすべてやった」

2022年10月22日
アレックス・パロウ 「スーパーハッピー!1時間できることはすべてやった」  / マクラーレン F1アメリカGP ルーキーFP1
インディカーチャンピオンのアレックス・パロウが、2022年F1アメリカGPのフリー走行1回目にマクラーレンをドライブ。グランプリ週末デビューを果たした。

マクラーレンF1のドライバー育成プログラムと契約しているアレックス・パロウは、事前に旧型のF1マシンで何度かテストを実施していたが、自分の車ではない環境での走行はプレッシャーがあったと認める。

マクラーレン、F1マシンにデジタル広告ディスプレイを搭載 / F1アメリカGP

2022年10月21日
マクラーレン、F1マシンにデジタル広告ディスプレイを搭載 / F1アメリカGP
マクラーレンF1チームは、F1アメリカGPからMCL36にデジタルディスプレイを搭載。スポンサーロゴなどを動的に表示できるこの仕組みはF1マシンの広告に確信をもたらす可能性を秘めている。

車載カメラにはっきりと表示されるこのデジタルパネルを使用するためにマクラーレンは英国のシームレス デジタル(Seamless Digital)社と複数年契約を締結。

ルイス・ハミルトン 「F1ステアリング設計の特許を取っておくべきだった!」

2022年10月18日
ルイス・ハミルトン 「F1ステアリング設計の特許を取っておくべきだった!」
ルイス・ハミルトンは、自分のクリエイティビティを活かしてF1の基本的なコンポーネントの設計を変更したことがあると語る。

ルイス・ハミルトンは、2007年にマクラーレンのドライバーとしてF1に到達し、F1カナダGPで初勝利を挙げるまでに5回連続でトップ3フィニッシュを達成した。

マクラーレンF1代表 「アルピーヌはピアストリをシーズン終了まで渡さない」

2022年10月18日
マクラーレンF1代表 「アルピーヌはピアストリをシーズン終了まで渡さない」
マクラーレンは、アルピーヌF1チームが2022年F1シーズンの終わりまでリザーブドライバーのオスカー・ピアストリを保持すると予想している。

オスカー・ピアストリは、2023年にマクラーレンのF1ドライバーを務めることが決定している。アルピーヌF1チームは、ピアストリが2023年にレースをする契約を結んだと主張していたが、契約認識委員会はマクラーレンに有利な判決を下した。

マクラーレンF1、FIAに書簡「レッドブルの予算上限違反に厳罰を求める」

2022年10月18日
マクラーレンF1、FIAに書簡「レッドブルの予算上限違反に厳罰を求める」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、FIA(国際自動車連盟)に予算上限を破ったチームに対して“速やか”に行動して厳しく取り締まるよう促し、予算超過は“不正行為に相当する”と宣言した。

先週、FIAはレッドブルが昨年の予算上限を超過し、さらに手続き上の違反を犯したことを発表し、現在次のステップを評価している。アストンマーティンも手続き違反で財務規則を破ったことが判明している。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム