マクラーレンF1代表 「レッドブルのF1予算上限違反ペナルティは甘い」
マクラーレンのF1チーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、2021年のF1コストキャップのプロセスが成功裏に終わったことを歓迎しているが、レッドブル・レーシングのペナルティは十分に厳しいものではなかったと述べている。

金曜日、FIA(国際自動車連盟)は、レッドブルに700万ドル(約10億円)の罰金を科し、今後12か月間、空力テストの10%削減を言い渡した。一方、アストン マーティンは、手続き違反で45万ドル(約6630万円)の罰金を科された。

アンドレアス・ザイドルは、FIAのプロセスが効果的に機能したことは心強いことだと強調したが、罰則の規模には疑問を呈し、将来の制裁はもっと厳しくすべきだと主張した。

「正直言って複雑な気持ちだ」とアンドレアス・ザイドルに語った。

「ポジティブな面としては、FIAがすべてのチームに対して行った監査プロセスが非常に徹底的かつ勤勉な方法で行われたことを確認できたことだ。実際には良いことだと思う」

「そして最終的に、1 つのチームが違反していたことも確認された。実際にペナルティが適用されたこともポジティブだ。最終的に我々が参加しているスポーツにとって良い結果になることを願っている。なぜなら、それが財政、競技、技術規則であるかどうかに関係なく、将来チームがレッドゾーンに入るのを思いとどまらせるからだ」

「だが、もちろん、我々の観点からは、ペナルティを見ると、それは単に違反に合わない。それは十分に厳しいものではない。そして、同様の違反に対して前進し、罰則がより厳しくなることを望んでいる」

空力テスト削減の影響について質問されたアンドレアス・ザイドルは「もちろん、10%は開発側に違いをもたらす。しかし、繰り返しになるが、違反と比較すると、違反に適合しない」

また、アンドレアス・ザイドルは、なぜレッドブル・レーシングが予算上限を超えたのかというクリスチャン・ホーナーの説明を軽視。記者会見は見ていないと語った。

「私はそれを見ていない」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「FIAの調査結果が10チームすべてについて確認したように、最終的には予算上限が機能することが確認されたと思う」

「9チームがなんとか上限内にとどまり、私が理解している限りでは、予算上限の導入のアイデアである上限に近づくこともできた」

「したがって、私の観点からすると、解釈の余地やそこで起こったことを非難するのは完全に間違っていると思う」

レッドブル・レーシングへの厳しい処分を要求する書簡をFIAに送った後、クリスチャン・ホーナーと舌戦を繰り広げたマクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、アンドレアス・ザイドルの感情に共鳴した.

「真実が明らかになり、期待通りの結果になったことをうれしく思う」とザク・ブラウンは語った。

「1チームがコスト上限に違反し、残りの9チームはルールに従って運営されていた。

「したがって、懲罰的な措置が取られるのは当然のことだ。FIAが最も効果的であり、このようにルールが破られたときにその罰が他の人への教訓になるのであれば、制裁は将来さらに強化されなければならない」

「このプロセスを通じて学んだ教訓が、将来の違反を回避するために、すべてのチームがルールを明確に理解していることを意味することを願っている」

「彼らが行動するのを見て喜んでいるが、故意にルールを破る者に対して、FIAが今後より強力な行動を取ることを望んでいる」

ハースF1チームの代表を務めるギュンター シュタイナーは、罰金も空力テストのペナルティも十分に強くないことに同意した。

「お金は他のチームにとって何の意味もない。FIAがお金を得ることは良いことだがね!」とギュンター・シュタイナーは語った。

「10%の風洞カットはあまり意味がない。実際のペナルティにはならない。風洞の使用は少なくなるが、何か他のことをすることができる。それくらい簡単なことだ」

「彼らがしなければならないことは、金銭でペナルティを課すことであり、基本的に予算上限をドルで引き下げることだと思う。これは10%の風洞よりもはるかに理にかなっているだろう」

ギュンター・シュタイナーは、決定のタイミングが遅かったことはどのチームにとっても役に立たなかったことに同意した。

「それが次の問題だ。これらのことは事前に行う必要がある。つまり、9月まで待つことはできず、6 月にそれらを入手する必要がある」とギュンター・シュタイナーは語った。

アルファロメオF1のチームプリンシパルであるフレデリック・バスールは、レッドブル・レーシングのペナルティにより、他の人が上限を超えてギャンブルをするようになる可能性があると警告した。

「私の観点からすれば、これはスポーツ界にとって非常に小さなペナルティだ」とフレデリック・バスールは語った。

「そして、これらが将来的にチームに浪費を助長しないことを確認する必要がある。なぜなら、誰もが自分の計算を行って、1 年に X 百万ドルを費やし、風洞の割り当てを10%少なくすることが理にかなっているからだ」

「私はこのケースに属していませんし、私にとっては問題ではない。私には選択の余地はあないが、私は彼らの立場に身を置くつもりだ」

クリスチャン・ホーナーが、ルールの相反する解釈に重点を置いていることについて、フレデリック・バスールは「それが難しかったという事実は過小評価する必要もない。それは挑戦だった」とコメント。

「しかし、私たちは質問をすることが許された。我々は皆、合計で数千の質問をしたと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / ハース / アルファロメオF1