マクラーレンF1代表 「アルピーヌはピアストリをシーズン終了まで渡さない」
マクラーレンは、アルピーヌF1チームが2022年F1シーズンの終わりまでリザーブドライバーのオスカー・ピアストリを保持すると予想している。

オスカー・ピアストリは、2023年にマクラーレンのF1ドライバーを務めることが決定している。アルピーヌF1チームは、ピアストリが2023年にレースをする契約を結んだと主張していたが、契約認識委員会はマクラーレンに有利な判決を下した。

敗訴を受けて、アルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリとの既存の関係を再検討するとし、早期にマクラーレンに加入するための扉を開く可能性があった。

しかし、それ以来、オスカー・ピアストリはレースの週末を通してシミュレーターでアルピーヌF1チームと協力し続けており、マクラーレンは、シーズンが終わるまで仕事をすることはできないと予想している.

アルピーヌF1チームは、2023年のF1ドライバーとしてピエール・ガスリーと契約したことを発表している。それが、マクラーレンがオスカー・ピアストリの早期リリースを確保するのに役立つかどうか質問されたチーム代表のアンドレアス・ザイドルは「あまり変わらないと思っている」と語った。

「私が理解している限り、彼らはまだシーズンの終わりまでオスカーとプログラムを続けることを計画している」

「そのため、実際にはニュースはない」

マクラーレンがシーズン終了前にオスカー・ピアストリで起用できていれば、今年の2回のFP1 セッションでヤングドライバーの要件を満たす資格があった。

しかし、マクラーレンは、2021年のインディカー・チャンピオンのアレックス・パロウとアロー・マクラーレンSPのドライバーであるパトリシオ・オワードがそれぞれオースティンとアブダビでセッションを担当することを発表している。

アルピーヌF1チームは、ルーキーFP1走行に関する計画をまだ固めていないが、最後の 4 レースで要件を完了する必要がある。

アルピーヌF1チームは、7月中旬のF1フランスGPでオスカー・ピアストリにセッションを提供することを計画していたが、チーム代表のオトマー・サフナウアーは鈴鹿でピアストリが残り4回のイベントのいずれかに参加するかどうかは「わからない」と語った.

アルピーヌF1チームの代替オプションは、F2ドライバーのジャック・ドゥーハンであり、彼はカテゴリーでの印象的なルーキーキャンペーンにより、最終的にピエール・ガスリーが獲得したシートを争っていた。

オトマー・サフナウアーは、レースラインナップが完成した今、アルピーヌF1チームは2023年の若手ドライバーの計画について「より真剣に考えていく」と述べたが、ジャック・ドゥーハンの優先事項は来シーズンのF2タイトルのために戦うことであることを示唆した。

「ジャックの当面の焦点は、来年のF2チャンピオンシップに勝つことだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「我々はそのプロセスを通して彼をサポートし、途中で彼を助け、F1の準備のために車で時間を与えることもできる」

「だが、このステップ(ガスリーの確認)を終えたので、それを検討していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ