ルイス・ハミルトン 「F1ステアリング設計の特許を取っておくべきだった!」
ルイス・ハミルトンは、自分のクリエイティビティを活かしてF1の基本的なコンポーネントの設計を変更したことがあると語る。

ルイス・ハミルトンは、2007年にマクラーレンのドライバーとしてF1に到達し、F1カナダGPで初勝利を挙げるまでに5回連続でトップ3フィニッシュを達成した。

卓越したスキルと才能を披露することで名を馳せる一方で、ルイス・ハミルトンはマクラーレンのF1エンジニアと緊密に協力して、車のエルゴノミクス(人間工学)を好みに合わせて微調整した。

彼が注目した要素の 1 つは、マクラーレンMP4-22 のステアリング ホイールだった。

「多くの人が実際に知らないのは、僕がマクラーレンにいたときにステアリングホイールを再設計したということだ」とルイス・ハミルトンはCNA Luxury に明かした.

「メルセデスに来たときも同じことをしたし、他のチームのすべてがホイールをコピーした」

「古いホイールはすべて円形だった。今は、トップがあって、ハンドルが下がり、下部で結合していない」

「僕はそれを著作権で保護するべきだった! これは僕が本当に誇りに思っていることだ、僕は車の人間工学に取り組むのが本当に好きだ」

しかし、ステアリング ホイールだけが、ルイス・ハミルトンを改造した車の重要なパーツではない。

「コックピットのシートもデザインした」とルイス・ハミルトンは付け加えた。

「やすりをかけて角をとった。チームとは10年間ほぼ同じシートだった。また、エンジニアと一緒にペダルを再設計した」

「これらは僕が大好きなことだ。ちょっとしたクリエイティビティを発揮できるからね」

7回のF1 ワールド チャンピオンであるルイス・ハミルトンにとって、今年はこれまでのF1キャリあで最も困難なシーズンであり、37歳のハミルトンは初めて1度ものレースに勝つことなくシーズンを終える可能性がある。

しかし、成功の欠如は、ルイス・ハミルトンのモチベーションやエネルギーを侵食していない。彼がF1でのキャリアをどこまで伸ばすことができるかは、時が経てばわかる。

「キャリアの終わりに向かって競技に参加している多くの素晴らしいアスリートや、引退したアスリートと時間をかけて話をしてきた」とルイス・ハミルトンは将来について語った。

「多くの人は、止めるのが早すぎたり遅すぎたりしたと言っている。ほとんどの人は、適切な時期はいつかわかるだろうと言っている」

「でも、僕たちはレーシングドライバーとしてひたむきであり、ベストを尽くすことに集中しているため、通常、他のことをする時間が不足している」

「アスリートが引退すると、全世界が止まるようなものだ。だから、その後の移行が非常に簡単になるように、そういったことを整えようとしている」

ルイス・ハミルトン F1 メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / マクラーレン / F1マシン / メルセデス