アレックス・パロウ 「インディカーを捨ててF1リザーブを務める気はない」
2021年のインディカーチャンピオンであるアレックス・パロスは、最初にリザーブドライバーを受け入れて、F1にフルタイムに参戦するという手順を踏むつもりはないと語る。

25歳のスペイン人であるアレックス・パロウは、F1アメリカGPのフリー走行1回目にマクラーレンから出走して正式なF1デビューを果たしたかもしれないが、2023年にフルタイムでサインアップする気はない。

「僕は勝つことが好きだ。インディカーでは勝つことができる。それについて文句を言うことはできない」とアレックス・パロウは AS に語った。

「F1が別のレベルにあることは事実であり、機会があればそれをつかまなければならない。僕たちはそこにいなかったニック・デ・フリースが、今はそこにいるのを目にした」

「でも、リザーブとして毎週末ここにいて、チャンスを待つために今の仕事を辞めることは決してない。100%違う。レースシートにノーと言うのは難しいだろうけどね」

アレックス・パロウの「ノー」は、F1アメリカGPでのマクラーレンのF1マシンに感銘を受けたにも関わらずのものだ。

「できる限り高いレベルでやっているという点ではインディカーに似ていると言いたいけど、パフォーマンスにおいて非常にかけ離れていると思う」

「僕たちはそれを知っている。僕たち(インディカー)のシャシーは 10 年前のもので、年間予算は 1 回のグランプリに相当する。でも、それは非常に大きく異なる。F1の加速の半分で、グリップも半分で、F1が持っているテクノロジーの2%だ」

それにもかかわらず、アレックス・パロウは「何年も前に」F1への願望に線を引いたと語る。

「今、F1が頭に戻ってきたわけではない」とアレックス・パロウは説明した。

「ただのプラクティスであっても、F1チームの一員になる機会があれば、学べることはすべて受け入れなければならない」

マクラーレンとインディカーのライバルであるチップ・ガナッシとの契約争いの後、アレックス・パロウは2023年までチップ・ガナッシにとどまることが発表された。

アレックス・パロウ マクラーレン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / インディカー / マクラーレン