マクラーレンの2019年05月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン、2020年のインディカーにフル参戦の可能性は「極めて低い」

2019年5月31日
F1 マクラーレン
マクラーレンのCEOを務めるザウ・ブラウンは、来年のインディ500に再挑戦するために2020年にインディカー・シリーズにフル参戦する可能性について消極的な姿勢を見せているが、いくつかのレースにスポット参戦することについては検討していると語る。

今年、フェルナンド・アロンソとともにマクラーレン・レーシングとしてエントリーしたマクラーレンだが、まさかの予選落ちという失態を演じた。

マクラーレン 「アロンソのためにインディ500に参戦したわけではない」

2019年5月31日
F1 マクラーレン インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンとしての今後のインディ500への関与は、フェルナンド・アロンソが同チームと継続するかどうかには結びついてないと語る。

今年、マクラーレンは、世界3大レースでの3冠を狙うフェルナンド・アロンソとともに独自のエントリーでインディ500に挑戦。しかし、まさかの予選落ちを喫し、今後どのように取り組んでいくかを検討している。

元マクラーレンのエリック・ブーリエ、F1復帰の噂を否定せず

2019年5月29日
F1 マクラーレン エリック・ブーリエ
マクラーレンでレーシングディレクターを務めていたエリック・ブーリエが、F1界に戻る可能性があることを示唆している。

ちょうど、マクラーレン・ホンダのパートナーシップが開始する1年前のロン・デニス政権時にマクラーレンに加入したエリック・ブーリエは、3年間のホンダとの低迷の責任をとるカタチで2018年7月に更迭された。

マクラーレン | 2019年 第6戦 モナコGP 決勝レポート

2019年5月29日
F1 マクラーレン モナコGP
マクラーレンは、2019年 第6戦 モナコGPの決勝で、カルロス・サインツが6位、ランド・ノリスが11位でレースを終えた

アンドレアス・サイドル(マネージングディレクター)
「クリーンでレースをうまく実行してくれたチームに感謝したい。この結果は我々のコンストラクターズ4位を強化するものであり、現場とファクトリーの全員によるハードワークによって良い報酬だ」

カルロス・サインツ、トロロッソの2台抜きは“ベストオーバーテイク”

2019年5月28日
F1 カルロス・サインツJr. トロロッソ
マクラーレンのカルロス・サインツは、F1モナコGPのオープニングラップでトロロッソ・ホンダの2台をオーバーテイクしたシーンを“間違いなく僕のベストオーバーテイクのひとつ”だと振り返った。

木曜日のフリー走行1回目をエネルギーストアの問題によって棒に振ったことでカルロス・サインツのモナコGPでの連続ポイントフィニッシュは険しい道のりと思われた。

マクラーレン | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 マクラーレン モナコGP
マクラーレンは、2019年のF1モナコGPの予選で、カルロス・サインツが9番手、ランド・ノリスが12番手で終えた。

アンドレアス・ザイドル (マネージングディレクター)
「チームとドライバーはあまり素晴らしくはなかったFP3からうまく挽回してよくやってくれた。FP2からFP3でクルマに加えた変更によって、どういうわけかペース面でライバルに対して後退してしまった」

マクラーレン | F1モナコGP 木曜フリー走行レポート

2019年5月25日
F1 マクラーレン
マクラーレンは、2019年のF1モナコGPの木曜フリー走行で、ランド・ノリスが12番手、カルロス・サインツが13番手でセッションを終えた。

ジェームス・キー(テクニカルディレクター)
「ここモナコで予想していた通り忙しい一日だった。両方のクルマでいくつか新しいパーツを試した。残念ながら、カルロスはFP1でパワートレインに関連した問題が発生し、走行が制限された。ランドはここでF1カーを走らせるのが初めてだったのが、とても落ち着いていた」

マクラーレン 「フェルナンド・アロンソとの関係は壊れていない」

2019年5月24日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとマクラーレンとの関係は壊れていないと主張する。

フェルナンド・アロンソは、世界3大レースでの“3冠”を目指して今年のインディ500の予選に挑んだが、準備不足のマクラーレンの数々の失態も重なり、まさかの予選落ちを喫することになった。

マクラーレン、インディ500予選落ちの裏で犯した様々な失態

2019年5月23日
マクラーレン インディ500
2019年のインディ500で予選落ちを喫したマクラーレンだが、すでにその失敗は数カ月前から始まっていた。最初のテストではステアリングホイールさえ用意されていなかった。

世界3大レースでの“3冠”を目標にしているフェルナンド・アロンソとともにインディ500に挑んだマクラーレンだが、予選で36台中34位となり、決勝進出をすることなくインディアナポリスを去ることになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム