2019年05月のF1情報を一覧表示します。

ホンダF1 特集 | 松下信治の挑戦 「F1ドライバーになることが目標」

2019年5月31日
F1 ホンダF1 松下信治
ホンダがF1へパワーユニットサプライヤーとして復帰して5年目。今季は2チームへの供給へと体制が拡大し、復帰後初の表彰台獲得も果たした。

その一方で、パワーユニットの開発のみでなく、ドライバー育成など将来を見据えた取り組みも強化している。「Hondaヤングドライバーズプログラム」もその一つだ。

レクサス、新型「RX」を世界初公開

2019年5月31日
レクサス・RX
レクサスは、マイナーチェンジした「RX」を世界初公開した。

レクサス・RXは、グローバルに展開するLEXUSブランドの中核モデルであり、1998年の投入以降、ラグジュアリーSUV市場の先駆者として、全世界で好評を博してきた。

レッドブル 「フェルスタッペンは開発面でチームを引っ張っている」

2019年5月31日
F1 レッドブル マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンは開発面でチームを引っ張っていると信頼を寄せる。

昨シーズン限りでダニエル・リカルドがチームを離脱したことで、ピエール・ガスリーの方が年上ではあるが、レッドブル・レーシングでの経験が豊富なマックス・フェルスタッペンが事実上のチームリーダーとなった。

アレクサンダー・アルボン 「モナコで初めてトロロッソが真価を発揮した」

2019年5月31日
F1 アレクサンダー・アルボン
アレクサンダー・アルボンは、先週末のF1モナコGPはトロロッソ・ホンダが今シーズン初めてポテンシャルを最大限に発揮できたレースだったと振り返る。

アレクサンダー・アルボンはF1モナコGPを10位でフィニッシュ。8位でフィニッシュしたダニール・クビアトとともに今シーズン初めてトロロッソ・ホンダはダブル入賞を達成した。

マクラーレン 「アロンソのためにインディ500に参戦したわけではない」

2019年5月31日
F1 マクラーレン インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンとしての今後のインディ500への関与は、フェルナンド・アロンソが同チームと継続するかどうかには結びついてないと語る。

今年、マクラーレンは、世界3大レースでの3冠を狙うフェルナンド・アロンソとともに独自のエントリーでインディ500に挑戦。しかし、まさかの予選落ちを喫し、今後どのように取り組んでいくかを検討している。

NHK BS1 | 2019年のインディ500を完全再放送

2019年5月31日
インディ500 佐藤琢磨
NHK BS1は、6月1日(土)の午前7時から『完全放送 世界最速レース インディ500 佐藤琢磨が挑む!』と題して2019年のインディ500を完全放送する。

世界三大カーレースのひとつ、インディ500。世界中のレーサーがあこがれる大舞台で佐藤琢磨は2017年大会で優勝し、日本人として初めてチャンピオンとなった。

セバスチャン・ベッテル、今シーズン限りでF1を引退?

2019年5月30日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、今シーズン限りでのF1引退を検討していると噂されている。

2007年にF1デビューを果たしたセバスチャン・ベッテルは、現在F1での13番シーズン目を戦っている。レッドブルでタイトルを4連覇する大きな成功を収めたベッテルだが、フェラーリに移籍してからは望んでいた結果を残せていない。

レッドブル・エアレース、2019年シーズン限りでの終了を発表

2019年5月30日
レッドブル・エアレース
レッドブルは、“空のF1”と呼ばれる『レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ』を2019年シーズン限りで終了することを発表した。

レッドブル・エアレースは、2013年以降、90戦以上のレースを開催。世界で最も優れたパイロットたちが高速飛行で華麗なテクニックを披露してきた。2017年には室屋義秀がアジア人初のワールドチャンピオンに輝いている。

ホンダF1 「2015年は完全な準備ができていなかった」

2019年5月30日
F1 ホンダF1
ホンダは、F1に復帰した2015年は“完全な準備ができていなかった”と認める。

2008年にF1から撤退したホンダは、2013年5月におよそ2年後の2015年からマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰することを発表。かつてF1で黄金時代を築いた“マクラーレン・ホンダ”の復活は大きな注目を集めた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム