F1 マクラーレン インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンとしての今後のインディ500への関与は、フェルナンド・アロンソが同チームと継続するかどうかには結びついてないと語る。

今年、マクラーレンは、世界3大レースでの3冠を狙うフェルナンド・アロンソとともに独自のエントリーでインディ500に挑戦。しかし、まさかの予選落ちを喫し、今後どのように取り組んでいくかを検討している。

ザク・ブラウンは、マクラーレンのインディ500への参戦がフェルナンド・アロンソの3冠への追求と結びついているわけではないと主張。また、アロンソがどこかの時点でマクラーレンとともにル・マンに参戦する可能性があることを示唆した。

「フェルナンドのためにインディアナポリスを走ったことはない」とザク・ブラウンはコメント。

「彼と一緒に勝利を収めることができれば、素晴らしい話だったと思う。

「将来的にはフランスで一緒にレースをすることになるかもしれない。だが、マクラーレンはずっと走ってきたし、フェルナンドが運転を止めた後もそこにいるだろう」

「フェルナンドが我々のために運転したいかどうかは、我々がインディに戻るかどうかについての決定を動かすことはない」

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンとインディ500への参戦を続けるかどうか質問されたザク・ブラウンは「我々はそれにはたどり着いていない。私はフェルナンドのことを本当によく知っているし、我々が一緒にやっている理由の一つは、私彼がどのように働くかを理解しているからだと思う」とコメント。

「そして、あのよな最低値の結果になってしまった場合、今すぐ決断を下す必要がないのに24時間後にマイクを顔に付けたくはないものだ」

「彼は我々全員と同じくらいがっかりした。我々は明らかに彼を失望させてしまった」

「彼はレーサーであり、インディアナポリスは独特なものだと理解している」

「彼は見事な走りを見せ、持っているすべてを出し切ってくれた。ファンとメディアに対しても素晴らしかったし、それはまさに彼が内面を現している」

「彼はとにかく競争的であることを望んでいる。彼はインディアナポリスに戻りたいと思うだろう」

「一緒にやってくれたら素晴らしいと思うが、彼はスイスに戻っており、ストレスの多かった数週間を終えてくつろぎたいと思っている」

ザク・ブラウンは、今年のインディ500でのフラストレーションが、フェルナンド・アロンソとチームとの関係に悪影響を及ぼすことはないと語る。

「我々はフェルナンドと素晴らしい関係を築いている。彼は我々と多くの浮き沈みを経験した。おそらく過去3~4シーズンではより多くの最低値を経験した。彼は本当にマクラーレンを楽しんでいるし、マクラーレンも彼を楽しんでいる」

「彼は何が起こっているのか、我々がショーを披露するためn日曜日にどれだけ近づいていたか、そして、我々が費やした努力を見ている」

「我々全員が失望していると思うが、それがフェルナンドとマクラーレンの関係を変えることはないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン | フェルナンド・アロンソ