F1 マクラーレン
マクラーレンのCEOを務めるザウ・ブラウンは、来年のインディ500に再挑戦するために2020年にインディカー・シリーズにフル参戦する可能性について消極的な姿勢を見せているが、いくつかのレースにスポット参戦することについては検討していると語る。

今年、フェルナンド・アロンソとともにマクラーレン・レーシングとしてエントリーしたマクラーレンだが、まさかの予選落ちという失態を演じた。

この結果を受け、マクラーレンがインディ500に挑戦するには、完全にインディカー・プログラムに集中する必要があるとの声が挙がっている。

ザク・ブラウンは、昨年からマクラーレンとしてインディカー・シリーズへのフル参戦の構想を思い描いており、スコット・ディクソンにアプローチしたが断られている。

ザク・ブラウンは、今ではインディカー・シリーズへのフル参戦には前向きではなくなっており、マクラーレンはインディ500の複雑さをより深く理解する必要があると語る。

「我々が来年のインディカーにフル参戦する可能性は極めて低い」とザク・ブラウンは RACER にコメント。

「私はインディカーに情熱を持ってるが、F1における我々の位置とインディで味わったばかりの挫折を考えれば、次にインディに行く時にはいきなり飛び込むのではなく、次のステップとして正しくやりたいと思っている。したがって、2020年にフルタイムでインディカーに参戦する可能性は極めて低い」

5月上旬には、インディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコースでインディGPが開催されたが、マクラーレンはインディ500以外にはフェルナンド・アロンソをエントリーさせなかった。

ザク・ブラウンは、事前の準備が不足していたと感じており、今後はアプローチを変更した方がいいと考えている。考えの一部としてはある」とコメント。

「今回、たとえショーに出ることができていたとしても、我々はピットストップの練習を全て逃していたことになる。何カ月もレースショップなどで練習はしていたが、木曜日のピットストップ練習デーを我々は逃していた。つまり、何の準備していないままインディ500に臨むことになっていたことになる」

「そのため、ロードレースに出ておくべきだったのではないかという考えも我々が議論したことの1つにとしてある。たとえマシンのセットアップについて何も教えてくれなかったとしても、オペレーション的には良い練習になったはずだ。今年はもう終わってしまったが、我々が次にまたインディに戻る際にはいくつか事前のレースに出場しておくことは良い準備になると感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー