ロータス:F1アメリカGP 2日目のコメント

2015年10月25日
ロータス
ロータスは、F1アメリカGP フリー走行3回目で、ロマン・グロージャンが12番手、パストール・マルドナドが13番手だった。

ロマン・グロージャン (12番手)
「何年も前のことだけど、ルノーのドライバー開発プログラムの一環として、トレーニングでサーフィンを楽しんだことがあるだ。今日、予選に挑戦していたら、それがすごく役に立っただろうね!」

ロータス、ジョリオン・パーマーを2016年のドライバーに起用

2015年10月24日
ジョリオン・パーマー
ロータスは、2016年のレースドライバーにジョリオン・パーマーを起用することを発表した。

ロータスは、すでにパストール・マルドナドの残留を発表しており、2016年シーズンにハースに移籍するロマン・グロージャンの離脱も決定している。

元F1ドライバーのジョナサンを父に持つイギリス出身のジョリオン・パーマーは、今年、ロータスのリザーブドライバーとして活動しており、これまでにグランプリ初日のフリー走行に10回参加している。

ロータス:F1アメリカGP 初日のコメント

2015年10月24日
ロータス
ロータスは、F1アメリカGP初日のフリー走行で、ロマン・グロージャンが15番手タイム、パストール・マルドナドはギアボックストラブリにより、タイムを記録することができなかった。

ロマン・グロージャン (15番手)
「トラックでの感触は悪くなかった。特にフレッシュなインターミディエイトだと悪くない。でも、あまり多くのラップを走る意味はなかった。今日学んだことで重要なのはテキサスで“すごい”と言われるものは予想以上にすごいということだ。特に雨の場合はね!」

ロータス、ルノーの決断の遅れで2016年F1マシンに“妥協”

2015年10月19日
ロータス
ロータスのトラック運営ディレクターを務めるアラン・パーメインは、日に日に2016年F1マシンのデザインに“妥協”が加えられていくリスクがあると認めた。

ルノーは、ロータスをワークスチームに変えることを“同意”しているが、その検討は遅れている。

それが実現した場合、ロータスは、ルノーのパワーユニットに合わせて2016年F1マシンのデザインを適応させる必要がある。

ケビン・マグヌッセン、サクソバンク繋がりでロータス入り?

2015年10月19日
ケビン・マグヌッセン
ケビン・マグヌッセンが、2016年のロータスのドライバーの有力候補に挙げられている。

ルノーが買収に基本合意しているが、ロータスF1チームの運命は不確かとなっている。

その不確実性のなか、ロマン・グロージャンは2016年にハースに移籍することを決断。その空席にマクラーレンのリザーブドライバーを解雇されたケビン・マグヌッセンが候補に挙がっている。

ロマン・グロージャン、F1ロシアGPのクラッシュでシートまで破損

2015年10月17日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、F1ロシアGPのクラッシュがシートを破損するまでの衝撃だったことを明かした。

ロマン・グロージャンは、高速のターン3でコントロールを失ってバリアにクラッシュ。マシンは大破したが、幸いにもグロージャンは無傷だった。

F1アメリカGPを前にロマン・グロージャンは「気分はかなりいい。特に衝撃を考えればね」とコメント。

ロータス、ルノーによる買収成立は長期化の様相

2015年10月15日
ロータス
ロータスF1チームの将来に関する不確実性は、2015年シーズンが終了しても続くことになりそうだ。

ルノーは、ロータスF1チームの買収について基本合意書にサインしたが、ロータスの副チーム代表を務めるフェデリコ・ガスタルディは、ルノーによるロータス買収契約が正式に結ばれるのは12月になってからだろうと述べている。

ロマン・グロージャン 「クルマの修理に必要なパーツがあることを願う」

2015年10月13日
ロマン・グロージャン
ロマン・グロージャンは、F1ロシアGPでの大クラッシュの後、財政難のロータスに対する懸念を認めた。

2016年にハースに移籍することが決定しているロマン・グロージャンは、F1ロシアGPでキャリアで最も大きい事故のひとつといえるクラッシュを喫した。

「僕は無事だ。今日のあらゆるテクノロジーは本当に印象的だね」とロマン・グロージャンは RMC にコメント。

ロータス:パストール・マルドナドが7位入賞 / F1ロシアGP

2015年10月12日
ロータス F1ロシアグランプリ 結果
ロータスは、F1ロシアGPの決勝レースで、パストール・マルドナドが7位、ロマン・グロージャンはリタイアでレースを終えた。

パストール・マルドナド (7位)
「今日はちょっとタフだったけど、僕たちは最初にソフトタイヤでスタートして、長く走るという正しい戦略を選んだ。残念ながら、新品のスーパーソフトでの第2スティントで多くのタイムを失ってしまった」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム