ロータス:チームメイトバトルでダブル表彰台 (F1韓国GP)

2013年10月6日
ロータス F1韓国GP
ロータスは、F1韓国GPの決勝レースで、キミ・ライコネンが2位、ロマン・グロージャンが3位だった。

キミ・ライコネン (2位)
「2位はOKだし、チームにとって良い結果だけど、僕たちは勝つためにここにいるし、悪いスタートポジションから戦わなければならないのは理想的ではない。予選はかなり酷かったけど、もっと良いグリッドポジションだったら結果が違っていたかどうかを言うには難しい」

メルセデス:表彰台争いに絡めず (F1韓国GP)

2013年10月6日
メルセデス F1韓国GP
メルセデスは、F1韓国GPの決勝レースで、ルイス・ハミルトンが5位、ニコ・ロズベルグが7位だった。

ルイス・ハミルトン (5位)
「僕たちにとって素晴らしい日ではなかったし、チームとしてもっとよい結果がふさわしかったと感じている。スタートでグロージャンに前に出られて、抜く方法がなかったし、1日中トラクションの良いマシンに負けていた」

マクラーレン:波乱のレースでダブル入賞 (F1韓国GP)

2013年10月6日
マクラーレン F1韓国GP
マクラーレンは、F1韓国GPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが8位、セルジオ・ペレスが10位だった。

ジェンソン・バトン (8位)
「1周目のターン3はいつもちょっとした混乱がありそうだった。そして本当に事故が起こった。クルマが追突され、膨らんで、僕に衝突した。その接触でフロントウイングのエンドプレートにダメージを負った」

フォース・インディア:クラッシュ&リタイア (F1韓国GP)

2013年10月6日
フォース・インディア F1韓国GP
フォース・インディアは、F1韓国GPの決勝レースで、エイドリアン・スーティルが20位、ポール・ディ・レスタがリタイアだった。

エイドリアン・スーティル (20位)
「1周目はかなり不運だった。マッサがスピンした後、全員がインサイドに向かって、誰かが僕のフロントウイングのサイドにヒットした。ダメージはそれほど酷くはなかったけど、新しいものに交換するためにピットインしなければならなかった」

ザウバー:ヒュルケンベルグが自己最高位タイの4位 (F1韓国GP)

2013年10月6日
ザウバー F1韓国GP
ザウバーは、F1韓国GPの決勝レースで、ニコ・ヒュルケンベルグが4位、エステバン・グティエレスが11位だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (4位)
「今日は僕のこれまでのキャリアでもベストレースのひとつだった。以前もミラーにはクルマが映っていたけど、今日はたくさんいたし、ちょっと悩ましかった。最後、ルイスは特に最終セクターで本当にプレッシャーをかけてきた。ターン1をうまく抜ける必要があるのはわかっていた」

トロ・ロッソ:マシントラブルでダブルリタイア (F1韓国GP)

2013年10月6日
トロ・ロッソ F1韓国GP
トロ・ロッソは、F1韓国GPの決勝レースで、ジャン・エリック・ベルニュが18位、ダニエル・リカルドが19位だった。

ジャン・エリック・ベルニュ (18位)
「現時点では最後に何が起こったのかよくわからない。クルマが一方に引っ張られている感覚がしたし、明らかに何かが正しくなかった。チームは僕をピットに入るように指示した。16番手からのスタートで難しい週末になりそうだったし、序盤でいくつか準備を上げたあとはタイヤデグラデーションに苦しんでいたので、2ストップから3ストップ戦略に切り替えるというチームの決断に同意した」

ウィリアムズ:善戦もポイント獲得は叶わず (F1韓国GP)

2013年10月6日
ウィリアムズ F1韓国GP
ウィリアムズは、F1韓国GPの決勝レースで、バルテリ・ボッタスが12位、パストール・マルドナドが13位だった。

バルテリ・ボッタス (12位)
「1周目の事故はちょっと不運だった。ブロックされてポジションを失ってしまったけど、他のドライバーはポジションを上げることができたからね。第1スティントはスーパーソフトタイヤに苦しんでいたので難しかったけど、ミディアムでの第2スティントではペースがかなり改善されたし、セーフティカーによってトップ10に近づくことができた」

ケータハム:納得のレース内容 (F1韓国GP)

2013年10月6日
ケータハム F1韓国GP
ケータハムは、F1韓国GPの決勝レースで、シャルル・ピックが14位、ギド・ヴァン・デル・ガルデが15位だった。

シャルル・ピック (14位)
「僕にとっては良いレースだったし、うまくクリーンなスタートで切れたけど、ターン3の進入でスピンしたマッサを避けるためにコース外に出なければならず、いくつか順位を失った。それらを取り戻すことができたし、第1スティントと第2スティントの両方でクルマのバランスは良かった」

マルシャ:ケータハムとの戦い手応え (F1韓国GP)

2013年10月6日
マルシャ F1韓国GP
マルシャは、F1韓国GPの決勝レースで、ジュール・ビアンキが16位、マックス・チルトンが17位だった。

ジュール・ビアンキ (16位)
「今日はケータハムと良い戦いができることを望んでいたし、グリッドペナルティでの降格があったけど、オープニングラップの最初の数コーナー後に良いポジションにいることができた。タイヤマネジメントに努力を集中させなければならなくなるまであまり長くはなかったし、最初の2つのスティントはプッシュすることができなくてかなりタフだった」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム