ケビン・マグヌッセン、堂々最速タイム 「劣ってはいないと感じた」

2022年3月12日
ケビン・マグヌッセン、堂々最速タイム 「劣ってはいないと感じた」 / ハースF1チーム F1バーレーンテスト 2日目
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1バーレーンテスト2日目に2年ぶりにF1マシンをドライブ。全チームが走行を終えた後のコンディションの異なる追加の1時間のセッションではあるものの、2日目の最速タイムをマークした。

ロシア情勢によって解雇されたニキータ・マゼピンの後任として水曜日にハースF1チームで電撃復帰が発表されたケビン・マグヌッセン。

ケビン・マグヌッセン、非公式のバーレーンテスト2日目最速タイムをマーク

2022年3月12日
ケビン・マグヌッセン、非公式のバーレーンテスト2日目最速タイムをマーク / ハースF1チーム
ハースF1チームは、F1バーレーンテスト終了後に1時間の追加セッションを行い、ケビン・マグヌッセンが公式セッションでカルロス・サインツ(フェラーリ)が記録したタイムを上回る1分33秒207をマークした。

ハースF1チームは、機器を輸送する予定だった飛行機が技術的な問題でイスタンブールで立ち往生し、バーレーン・インターナショナル・サーキットに到着したのは火曜日の夜だった。

ケビン・マグヌッセン 「契約できるか確信がないままバーレーンに来た」

2022年3月11日
ケビン・マグヌッセン 「契約できるか確信がないままバーレーンに来た」 / ハースF1チーム
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームへの復帰が実現するかどうか完全に確信がないままバーレーン行きの飛行機に乗り込んだと明かす。

2020年までハースF1チームのドライバーを務めていたケビン・マグヌッセンだが、チームがミック・シューマッハとニキータ・マゼピンというルーキーラインナップを起用を選んだことで2021年のシートを喪失した。

プジョー、F1復帰が決定したケビン・マグヌッセンとのWEC契約を解除

2022年3月10日
プジョー、F1復帰が決定したケビン・マグヌッセンとのWEC契約を解除
プジョーは、ハースF1チームへの復帰が決定したケビン・マフヌッセンが、WECチームとの契約を解除したことを確認した。

ハースF1チームは3月9日(水)、ロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンの後任として、ケビン・マグヌッセンが2022年のF1世界選手権に向けて“複数年”の契約を結んでチームに復帰したことを発表した。マグヌッセンのF1およびハースF1チームへの復帰は2年ぶりとなる。

ケビン・マグヌッセン、ハースF1チームから2年ぶりにF1復帰が決定!

2022年3月10日
ケビン・マグヌッセン、ハースF1チームから2年ぶりにF1復帰が決定!ニキータ・マゼピンの後任として複数年契約
ハースF1チームは、ニキータ・マゼピンの後任としてケビン・マグヌッセンと複数年契約を結んだことを発表。マグヌッセンは、ミック・シューマッハのチームメイトとして2022年のF1世界選手権で2年ぶりにF1復帰することになった。

ケビン・マグヌッセンは、2020年シーズンの終わりに当時のチームメイトであるロマン・グロージャンとともにハースF1チームを離脱。WEC復帰を発表したプジョーと契約を結ぶとともに、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権にチップ・ガナッシ・レーシングから参戦するためにアメリカに渡った。

ケビン・マグヌッセン 「ウィリアムズF1はラッセルに代えて僕に資金を求めた」

2021年11月5日
ケビン・マグヌッセン 「ウィリアムズF1はラッセルに代えて僕に資金を求めた」
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンは、今年、自分に代わってジョージ・ラッセルはウィリアムズF1のシートを失っていた可能性もあったと明かした。

2020年末にハースF1のシートを失ったケビン・マグヌッセンは、ウィリアムズF1から今シーズンの契約のオファーがあったことを TV3 に明かした。

ケビン・マグヌッセンは、「F1に残るチャンスはあった」と語った。

ケビン・マグヌッセン 「F1と耐久レースではメンタリティがかなり異なる」

2021年8月21日
ケビン・マグヌッセン 「F1と耐久レースではメンタリティがかなり異なる」 / ル・マン24時間レース
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンは、ル・マン24時間レースのデビュー戦に先立ち、“メンタリティ”の点で耐久レースとF1に存在する明確な違いを強調した。

F1での6シーズンの後、ケビン・マグヌッセンは2021年に米国に戦いの場を移し、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権のチップ・ガナッシで彼のスキルをスポーツカーレースに応用している。

ケビン・マグヌッセン、インディカーデビュー戦はマシン故障でリタイア

2021年6月21日
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセン、インディカーデビュー戦はマシン故障でリタイア
ケビン・マグヌッセンは、インディカーデビューとなった第9戦ロードアメリカのレースをメカニカルトラブルによってリタイアで終えた。

負傷したフェリックス・ローゼンクヴィストの代役として急遽マクラーレンからインディカーデビューを果たすことになったケビン・マグヌッセンは、55周のレースの33周目にメカニカルトラブルによってマシンをとめた。

ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのインディカーデビューに助言

2021年6月19日
ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのインディカーデビューに助言…F1時代のチームメイトが米国で再会
ケビン・マグヌッセンは、元ハースF1のチームメイトであるロマン・グロージャンから今週末のインディカーでのサプライズデビューに向けた準備を手伝ってもらったと語る。

アロー・マクラーレンSPは、先週末のデトロイトでのレースで大クラッシュに見舞われて出場許可が下りなかったフェリックス・ローゼンクヴィストの代役として今週末のロードアメリカのレースにケビン・マグヌッセンを抜擢した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム