ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム批判を拒否「僕も問題の一部」

2023年12月14日
ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム批判を拒否「僕も問題の一部」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームにとって悲惨なシーズンを過ごした後、自分も問題の一部だったと認識しており、「聖人ぶった」アプローチは取らないと断固として主張している。

ハースF1チームの8年間の歴史の中でコンストラクターズチャンピオンシップ最下位に終わったのは2度目で、前回は2021年にルーキーコンビのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンがポイントを獲得できなかった時だった。

ケビン・マグヌッセン F1引退後はアメリカ拠点視野もインディカーは除外

2023年11月21日
ケビン・マグヌッセン F1引退後はアメリカ拠点視野もインディカーは除外
ケビン・マグヌッセンは、自身のF1キャリアが終わった後、元ハースF1チームのチームメイトであるロマン・グロージャンに続いてインディカーに参戦する可能性を否定した。

とはいえ、グランプリのためにラスベガスを訪れていたデンマーク人のマグヌッセンは、アメリカの生活様式に強く共鳴していることを認めた。

ケビン・マグヌッセン 飛行機の欠航でF1ブラジルGPのメディアデーを欠席

2023年11月3日
ケビン・マグヌッセン 飛行機の欠航でF1ブラジルGPのメディアデーを欠席
ケビン・マグヌッセンは、飛行機の欠航でF1ブラジルGPのメディアデーを欠席した。

ハースF1チームのドライバーであるマグヌッセンは、インテルラゴスでの記者会見に出席する予定だったが、フライトがキャンセルされたため結局欠席となった。

ケビン・マグヌッセン F1メキシコGPでの大クラッシュ直前の状況を説明

2023年10月31日
ケビン・マグヌッセン F1メキシコGPでの大クラッシュ直前の状況を説明
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1メキシコGPを終えることになった大クラッシュの直前の瞬間についての洞察を提供した。

マグヌッセンはレース中盤、明らかなコンポーネントの故障により、ターン9でバリアに突っ込んだ。高速右コーナーでマシンは左に曲がり、マグヌッセンはパッセンジャーだった。

ハースF1待望のアップグレードも「奇跡は期待するな」とマグヌッセン

2023年10月18日
ハースF1待望のアップグレードも「奇跡は期待するな」とマグヌッセン
ハースF1チームがアメリカGPで待望のアップグレードを導入する準備をしている中、ケビン・マグヌッセンはファンに「奇跡は期待するな」と警告した。

ハースF1チームは当初から2023年型マシンの欠点、特にタイヤへのダメージを認識しており、VF-23がお蔵入りになるまで待つことができないことはすぐに明らかになった。

マグヌッセン F1日本GP決勝「ペレスの捨て身の行動でレースは終わった」

2023年9月25日
ケビン・マグヌッセン F1日本GP決勝「ペレスの捨て身の行動でレースは終わった」
ケビン・マグヌッセンは、2023年F1第17戦日本GPを15位でフィニッシュ。レース序盤に衝突したセルジオ・ペレスは「捨て身」のオーバーテイクを試みたと嘆いた。

ペレスはヘアピンでマグヌッセンと接触した際に負ったダメージが原因でレースをリタイアした。マグヌッセンのインサイドに遅れて飛び込み、マグヌッセンをスピンさせて12周目に11番手から最後尾まで順位を下げた。

ケビン・マグヌッセン F1日本GP初日17番手「鈴鹿は僕たちに合ってない」

2023年9月22日
ケビン・マグヌッセン F1日本GP初日17番手「鈴鹿は僕たちに合ってない」
ハースF1チームは、2023年F1第17戦日本GP初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが13番手、ケビン・マグヌッセンが17番手で終えた。

FP1はまずケビン・マグヌッセンがピレリのプロトタイプであるイエローのミディアムC2コンパウンドを装着してスタート。ピレリによる2024年開発プログラムの一環として、各ドライバーは金曜日の走行でこのタイヤを2セットずつ試すことができた。

ケビン・マグヌッセン 「日本のファン文化は別格」 / F1日本GP

2023年9月21日
ケビン・マグヌッセン 「日本のファン文化は別格」 / F1日本GP
ケビン・マグヌッセン(ハースF1チーム)が、鈴鹿サーキットで開催される2023年F1第17戦日本GPについて語った。

レース後、シンガポールに滞在するドライバーもいれば、鈴鹿での活動開始前に数日間日本に滞在するドライバーもいる。あなたの旅行プランは?

「レース後、僕のチームとシンガポールに数日間滞在し、ぶらぶらしたり、トレーニングをしたりしていたよ」

マグヌッセン F1シンガポールGP10位「ゲームオーバーだと思っていた」

2023年9月19日
マグヌッセン F1シンガポールGP10位「ゲームオーバーだと思っていた」
ケビン・マグヌッセンは、2023年F1シンガポールGPの決勝を10位でフィニッシュ。序盤には「ゲームオーバーだと思っていた」と明かした。

「ピエール(ガスリー)とマクラーレンに抜かれた時点で、完全にゲームオーバーだと思った。ブレーキに問題があって、ターン2ではらんでコースアウトして戻ってきたので、その時はゲームオーバーだと思った」とケビン・マグヌッセンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム