元F1ドライバーのケビン・マグヌッセン、第1子となる長女が誕生

2021年1月15日
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセン、第1子となる長女が誕生
元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンが、第1子となる長女が誕生したことを発表した。

昨年までハースF1チームのドライバーを務めたケビン・マグヌッセンだが、今季はシートを失い、チップ・ガナッシから米国のIMSAスポーツカー選手権に参戦することが決定している。

昨年、ケビン・マグヌッセンは、F1を離れることは2019年に結婚した妻ルイーズと家族としての生活を始めるのに最適なタイミングだと語っていた。

ケビン・マグヌッセン、F1に別れ「子供の頃からの夢だった」

2020年12月14日
ケビン・マグヌッセン、F1に別れ「子供の頃からの夢だった」 / ハース F1アブダビGP 決勝
ハースF1のケビン・マグヌッセンは、2020年のF1世界選手権 最終戦 F1アブダビGPの決勝を18位で終えた。

2017年にハースF1に加入したケビン・マグヌッセンは、今シーズン限りでチームとの4年間、そして、F1に別れを告げる。来季は名門チップ・ガナッシからIMSAスポーツカー選手権に参戦することが発表されている。

F1アブダビGP:ペレスとマグヌッセン、PU交換で最後列スタート

2020年12月11日
F1アブダビGP:ペレスとマグヌッセン、PU交換で最後列スタート
F1サヒールGPのレースウィナーであるセルジオ・ペレス(レーシング・ポイント)は、ハースF1のケビン・マグヌッセンとともにパワーユニットのエレメント交換にとって最終戦F1アブダブGPの最後列からスタートする。

セルジオ・ペレスは、F1アブダビGPに先立って4基目の内燃エンジン、MGU-H、ターボチャジャーに交換。15グリッド以上のペナルティが蓄積されたことで、最後尾からスタートする。ペレスはF1サヒールGPで古いエンジンを使用し、最後尾からトップまで見事な挽回を果たしている。

ケビン・マグヌッセン 「超裕福な子供しかF1の夢を実現するのは難しい」

2020年12月11日
ケビン・マグヌッセン 「超裕福な子供しかF1の夢を実現するのは難しい」 / ハースF1
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、今の時代は子供がF1ドライバーになることを夢見るのは難しくなっていると語る。

ケビン・マグヌッセンは、今シーズン限りでロマン・グロージャンとともに4シーズン過ごしたハースF1チームを去る。チームは、スポンサー収入をもたらすことができるドライバーを必要としていただめだ。

ケビン・マグヌッセン、2021年はチップ・ガナッシからIMSAに参戦

2020年12月4日
ケビン・マグヌッセン、2021年はチップ・ガナッシからIMSAに参戦 / ハースF1
現在、ハースF1のドライバーを務めるケビン・マグヌッセンが、2021年はチップ・ガナッシ・レーシングからIMSAスポーツカー選手権に参戦することが発表された。

ハースF1チームは、2021年にニキータ・マゼピンとミック・シューマッハというオールルーキーラインナップを起用することを決定。チームを放出されるケビン・マグヌッセンは、来年アメリカでレースをするという選択肢を検討していることはすでに知られていた。

ケビン・マグヌッセン、2021年の計画はIMSA参戦と子作り?

2020年11月27日
ケビン・マグヌッセン、2021年の計画はIMSA参戦と子作り? / F1バーレーンGP 木曜記者会見
ハースF1のケビン・マグヌッセンは、父親になることでF1後の人生をスタートする準備ができているようだ。

F1バーレーンGPのパドックの話題のひとつは、ハースF1を放出されるケビン・マグヌッセンが、チップ・ガナッシと契約して2021年に米国のIMSAスポーツカー選手権に参戦するというものだった。

ケビン・マグヌッセン、レッドブル・ホンダF1移籍は「ありそうもない」

2020年11月5日
ケビン・マグヌッセン、レッドブル・ホンダF1移籍は「ありそうもない」
ハースF1を今季限りで離れる二人のドライバーは、2021年にリザーブドライバーの役割でF1に留まるという考えには乗り気ではないようだ。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは2020年限りでチームを放出され、ハースF1はニキータ・マゼピンとミック・シューマッハというルーキーのラインナップを起用すると考えられている。

ケビン・マグヌッセン、ハースF1離脱後の2021年は「何にでもオープン」

2020年10月23日
ケビン・マグヌッセン、ハースF1離脱後の2021年は「何にでもオープン」 / F1ポルトガルGP 木曜記者会見
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1を離脱することになった2021年は「どんなことにもオープン」だと語り、上位を争う機会のないF1を完全に離れる可能性があることを示唆した。

ハースF1は10月22日(木)に今シーズン限りでケビン・マグヌッセンとチームメイトのロマン・グロージャンがチームを離れることを発表した。

ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表

2020年10月22日
ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの今季限りでの離脱を正式発表…2021年はラインナップを一新
ハースF1チームは、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのそれぞれの声明に続き、両ドライバーが2020年のF1世界選手権をもってチームを離れることを正式発表した。

ロマン・グロージャンは2016年のハースF1の参戦と同時にチームに加入。ケビン・マグヌッセンはその1年後にチームに加入し、4年間にわたって二人はハースF1でチームを組んできた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム