F1トスカーナGP 9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断

2020年9月13日
9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断/ F1トスカーナGP
F1トスカーナGPは、9周目に4台が絡むクラッシュが発生して赤旗中断となった。

オープニングラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がリタイアする接触事故によってセーフティカーが導入される。

ケビン・マグヌッセン 「ハースF1とまだ2021年の交渉はしていない」

2020年9月9日
ケビン・マグヌッセン 「ハースF1とまだ2021年の交渉はしていない」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1とまだ2021年の交渉を行っていないと語る。

ハースF1は、2021年にドライバーラインナップを一新する可能性を除外しておらず、契約したドライバーは2022年までドライバーを務めると語っている。

「誰もが我々が2021年に向けて何をやっているのかを尋ねてくる」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは Ekstra Bladet に語った。

エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンの件はお咎めなし

2020年8月16日
エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンの件はお咎めなし / F1スペインGP フリー走行3回目
F1スペインGPのスチュワードは、フリー走行3回目のエステバン・オコン(ルノー)のクラッシュは“不慮の事故”として、前を走っていたケビン・マグヌッセン(ハース)とともにお咎めなしという裁定を下した。

フリー走行3回目の間際、エステバン・オコンはターン3を立ち上がったところで、前方で減速したケビン・マグヌッセンを回避しようとしてウォールにクラッシュした。

ケビン・マグヌッセン 「アロンソは最高のF1ドライバーのひとり」

2020年6月4日
ケビン・マグヌッセン 「アロンソは最高のF1ドライバーのひとり」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1キャリアで戦ったドライバーのなかで最も際立っていたのはフェルナンド・アロンソだと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、マクラーレンをドライブした2018年を最後にF1を離れたが、最近の移籍劇で空席がルノーF1で2021年にF1復帰する可能性が盛んに報じられている。

ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」

2020年4月30日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「シムレースには興味はない」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、他のF1ドライバーのように“バーチャル”に世界のレースドライバーになることに興味はないと語る。

ハースF1チームのF1ドライバーであるロマン・グロージャンやテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズは皆、新型コロナウイルスのコックダウン中にホームシミュレーターでレースをしている。

ケビン・マグヌッセン 「マクラーレンやルノーF1への復帰にもオープン」

2020年4月22日
ケビン・マグヌッセン 「マクラーレンやルノーF1への復帰にもオープン」
ケビン・マグヌッセンは、マクラーレンまたはルノーF1チームに復帰することには“完全にオープン”だと語る。

現在、ハースF1チームのドライバーを務めるケビン・マグヌッセンだが、チームオーナーであるジーン・ハースは、F1が新型コロナウイルス危機に直面する以前からF1撤退を検討していることを明らかにしていた。

ケビン・マグヌッセン 「F1キャリアの後はインディカーに参戦したい」

2020年4月20日
ケビン・マグヌッセン 「F1キャリアの後はインディカーに参戦したい」
ハースF1チームのドライバーを務めるケビン・マグヌッセンは、F1でのキャリアが終了した後、インディカーでレースをする機会を得たいと語る。

ケビン・マグヌッセンは、マクラーレンのリザーブドライバーを務めていた2015年にインディカー参戦に非常に近づいていたが、プレシーズンテストで負傷したフェルナンド・アロンソの代役として開幕戦オーストラリアGPに参戦することになり、その計画は実現しなかった。

F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」

2020年3月27日
F1:ケビン・マグヌッセン 「6か月で18戦を開催するのは残酷」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、6か月で18戦を戦うのは“残酷”だと考えている。

新型コロナウイルスのパンデミックによって、2020年のF1世界選手権はカレンダーの序盤8戦の延期・中止が決定。F1は、6月からレースを再開し、15~18戦の開催を目指している。

「6か月で18戦を開催するなんてクレイジーだ」とケビン・マグヌッセンは Viasat に語った。

ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」

2020年3月5日
ケビン・マグヌッセン 「ハースのF1撤退はイメージできる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームのオーナーであるじーん・ハースがF1撤退を決断することはイメージと語る。

2016年に彼の会社であるハース・オートメーションを宣伝するためにF1に参入したジーン・ハースは、最近、2021年にF1グリッドに参加しない可能性があることを示唆して見出しとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム