F1イタリアGP
2015年 第12戦 F1イタリアGPの決勝スターティンググリッドは、エンジン交換による降格ペナルティなどが多数のドライバーに適用され、大きく変更となる。

ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した予選では、フェラーリ勢がメルセデス勢の間に割って入り、キミ・ライコネンがフロントローを獲得。2列目にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とニコ・ロズベルグ(メルセデス)が並ぶ。

予選10番手だったマーカス・エリクソン(ザウバー)は、予選での他車妨害により3グリッド降格となり、12番手グリッドからのスタート。

下位グリッドは、エンジン交換によるペナルティでグリッドが大きく変動。予選17番手・18番手だったマノー・マルシャ勢が、13・14番グリッドまで昇格。

マクラーレン・ホンダ勢は、フェルナンド・アロンソが9基目のエンジン交換により10グリッド降格。ジェンソン・バトンは、パワーユニットエレメントの交換で5グリッド降格。

レッドブル勢は、2つの新品エンジンを投入。ダニエル・リカルドは、6つのパワーユニットエレメント交換も合わせて50グリッド分の降格。予選14番手だったダニール・クビアトは、2つのパワーユニットエレメント交換とギアボックス交換により、35グリッド分の降格。

トロ・ロッソ勢は、マックス・フェルスタッペンが、7基目のエンジンとパワーユニットエレメント交換により20グリッド分の降格。カルロス・サインツは2基の新品エンジンとパワーユニットエレメント交換により35グリッド分の降格となる。

順位ドライバーチーム
1ルイス・ハミルトンメルセデス
2キミ・ライコネンフェラーリ
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ
4ニコ・ロズベルグメルセデス
5フェリペ・マッサウィリアムズ
6バルテリ・ボッタスウィリアムズ
7セルジオ・ペレスフォース・インディア
8ロマン・グロージャンロータス
9ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア
10パストール・マルドナドロータス
11フェリペ・ナッセザウバー
12マーカス・エリクソンザウバー
13ウィル・スティーブンスマノー
14ロベルト・メルヒマノー
15ジェンソン・バトンマクラーレン
16フェルナンド・アロンソマクラーレン
17カルロス・サインツトロ・ロッソ
18ダニール・クビアトレッドブル
19ダニエル・リカルドレッドブル
20マックス・フェルスタッペントロ・ロッソ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イタリアGP