ハースの2019年07月のF1情報を一覧表示します。

ハースF1チーム、今後の“チームメイトバトル禁止令”発動を示唆

2019年7月31日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今後のレースでロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのバトルを禁止するチームオーダーを発令する可能性を示唆した。

F1スペインGP、そして、F1イギリスGPで2度の同士討ちを演じているハースのドライバーは、先週末のF1ドイツGPでもレース中に接触。幸いにもレースに影響を及ぼすことはなく、アルファロメオの2台のペナルティもあり、グロージャンが7位、マグヌッセンが8位でレースを終えている。

ハースF1チーム、あわや同士討ちもダブル入賞 / F1ドイツGP

2019年7月30日
F1 ハースF1チーム ドイツGP
ハースF1チームは、F1ドイツGPの決勝で、ロマン・グロージャンが7位、ケビン・マグヌッセンが8位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「見た目以上に良い結果だ。スピードはなかったが、トラブルからは距離を置き続けることができた。我々は置かれた状況からすべてを生かしたと言えるだろう。とにかく取り組み続けるだけだ」

ハースF1チーム、夏休み後のタイトルスポンサー状況の変化を示唆

2019年7月30日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、夏休み後にタイトルスポンサー状況が変化する可能性があると語る。

F1イギリスGPでは、ハースF1チームのタイトルスポンサーを務めるリッチエナジーのCEOを務めるウィリアム・ストーリーが一方的に契約終了を宣言。リッチエナジー内にお家騒動に発展し、ウィリアム・ストーリーは追放され、社名はライトニングボルトへと変更された。

ケビン・マグヌッセン 「自分も旧スペックのマシンに戻したい」

2019年7月28日
F1 ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、自分もロマン・グロージャンのように旧スペックのマシンに戻したいと語る。

シーズンスタートは順調かと思われたハースF1チームだが、最近ではピレリの2019年F1タイヤにかなりの苦戦を強いられており、レースペースは壊滅的な状態となっている。

ハースF1チーム | F1ドイツGP 金曜フリー走行レポート

2019年7月27日
F1 ハースF1チーム ドイツGP
ハースF1チームは、F1ドイツGP初日のフリー走行で、ロマン・グロージャンが6番手タイム、ケビン・マグヌッセンが18番手タイムだった。

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)
「たとえレースが行われる日曜日は気温が完全に異なるとしても、我々にとっては非常に良い金曜日だった。今日は多くを学んだ。FP1でケビンのセンサーがダウンしたことを除けば、2台ともほぼ問題なく走行できた」

ハースF1チーム、同士討ちへの怒り収まらず…ドライバー交代も示唆

2019年7月26日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、前戦F1イギリスGPのオープニングラップでの2人のドライバーによる同士討ちの怒りはまだ収まっていないと語る。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは、ターン5で接触。両方のマシンが酷いダメージを負ったため、2台ともレースからのリタイアを余儀なくされた。

ケビン・マグヌッセン 「予選ではレッドブル・ホンダに挑戦できている」

2019年7月22日
F1 ケビン・マグヌッセン レッドブル・ホンダ
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームが予選でレッドブル・ホンダに挑戦できているのは“クレイジー”なことであり、レースで匹敵する方法を見つけたいと語る。

ハースF1チームは、予選では好パフォーマンスを発揮しているものの、レースペースとなると急速に悪化する状況が続いている。

ハースF1チーム 「夏休み前に2020年のドライバーを検討することはない」

2019年7月22日
F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、まだ2020年のドライバーラインナップを検討する段階にはないとチーム代表のギュンター・シュタイナーは主張する。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはF1イギリスGPのオープニングラップで同士討ちを演じてダブルリタイア。ギュンター・シュタイナーは両ドライバーに怒りを感じていることを認めており、来季のドライバーラインナップはホットな話題となっている。

ハースF1チーム、ロマン・グロージャンの解雇を否定

2019年7月20日
F1 ハースF1チーム ロマン・グロージャン
ハースF1チームは、F1ドイツGPでロマン・グロージャンに代えてエステバン・オコンを起用するとの噂を否定した。

F1イギリスGPでハースF1チームのロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンは同士討ちを演じ、チーム内の緊張関係が高まっている。それだけでなく、タイトルスポンサーのリッチエナジーの問題もあり、ハースは複雑な状況に陥っている。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム