F1 ハースF1チーム
ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、今後のレースでロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのバトルを禁止するチームオーダーを発令する可能性を示唆した。

F1スペインGP、そして、F1イギリスGPで2度の同士討ちを演じているハースのドライバーは、先週末のF1ドイツGPでもレース中に接触。幸いにもレースに影響を及ぼすことはなく、アルファロメオの2台のペナルティもあり、グロージャンが7位、マグヌッセンが8位でレースを終えている。

しかし、F1イギリスGPでの同士討ちに激怒し、ロマン・グロージャンの解雇させも示唆していたギュンター・シュタイナーの怒りを収まっておらず、「何かを変える必要がある。他に何を言えばいいんだ」と Formule 1 にコメント。

「毎週のように彼らがお互いにぶつかり合い続けていうるのを許すわけにはいかない。我々もチームとしてどう対処すべきかを検討する必要がある。こんなことを続けるわけにはいかない」

レース後、今回の接触について質問されたロマン・グロージャンは「ノーコメント」と返答。「これからどうなるのか様子を見よう」

しかし、一方のケビン・マグヌッセンは、ロメン・グロージャンに非があるとの見解を示している。

「僕たちはお互いに争ってはならないと言われているわけではない。でも、お互いにぶつけてはならないとは非常に明確に言われている」と TV3 にコメント。

「僕はとても一貫性がある予測できる走りをしていたと思う。でも、ロマンは僕に向かってハンドルを切ってきた。僕は何も間違ったことはしていない。あの状況を避ける必要があったのは彼の方だ」

「僕はドライバーとして彼をリスペクトしているし、他の部分においてはチームメートとして一緒にあらゆることにうまく取り組んでいる。でも、あのような出来事は避けなければならない」

「タイヤ同士がぶつかっただけで何も問題はなかった。でも、こんなことは本当に不必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース