F1 ハースF1チーム
ハースF1チームは、まだ2020年のドライバーラインナップを検討する段階にはないとチーム代表のギュンター・シュタイナーは主張する。

ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンはF1イギリスGPのオープニングラップで同士討ちを演じてダブルリタイア。ギュンター・シュタイナーは両ドライバーに怒りを感じていることを認めており、来季のドライバーラインナップはホットな話題となっている。

一部ではロマン・グロージャンがすぐに解雇されるとも噂されたが、ギュンター・シュタイナーはそれを否定した。

2020年のF1ドライバーラインナップについて質問されたギュンター・シュタイナーは「何も変わってはいない。夏休み前に2020年のドライバーについて考えることはない」と Speed Week にコメント。

しかし、2020年のハースF1チームのドライバー候補にはすでに複数のドライバーの名前が挙がっている。レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、2020年にエステバン・オコンにシートを奪われ、ハースF1チームに移籍するのではないかと噂されている。

だが、エステバン・オコンもハースF1チームの候補に挙げられている。

エステバン・オコンは「2020年のチームが異なるエンジンだったとしても、メルセデスは広い心を持っているのであらゆる選択肢が生きている」と RMC Sport に語った。

一方、タイトルスポンサーを務めるリッチエナジーのお家騒動に揺れているハースF1チームは、ドイツGPに向けたツイートで今年のブラック&ゴールドのカラーリングではなく、昨年のホワイトのマシンの写真を掲載しており、カラーリング変更が噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース