エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスが、2014年 第2戦 F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

エステバン・グティエレス (ザウバー)
「セパン・インターナショナル・サーキットは、メルボルンのトラックと比較すると完全に異なる。そのような異なるトラック特性でクルマのフィーリングを得るのが楽しみだ。路面は滑らかだし、パンプも少ない」

「ブレーキング時にもっと良いフィーリングを得られるだろう。そこはメルボルンで週末全体でかなり苦しんだ部分だ。トラックにはいくつか高速コーナーがあるので、ダウンフォースを評価できるし、クルマのバランスも確認することができる。チームとして知恵を出し合って、団結して、あらゆる細かな部分で前進を果たす必要がある。僕たちは素晴らしいチームだし、改善できると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・グティエレス / F1マレーシアGP / ザウバー