F1 エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレスは、メルセデスF1チームの2019年の開発ドライバーに就任したことを発表した。

ザウバーとハースでF1を戦ったエステバン・グティエレスは、2016年末でF1シートを失った後、フォーミュラEとインディカーにスポット参戦。2018年はメルセデスF1チームでシミュレータードライバーを務めていた。

エステバン・グティエレスは、F1復帰を果たすためにメルセデスの役割を生かしたと考えており、今年のウィリアムズのF1シート獲得を目指してチームと交渉。だが、チームは最終的にロバート・クビサを起用した。

エステバン・グティエレスは「今年、メルセデスの開発ドライバーとしてメルセデスと継続すること発表できることをとても誇りに思う。僕のゴールは6連覇をかけて戦う彼らの手助けをすることだ」と語った。

エステバン・グティエレスは、2019年もメルセデスF1チームでシミュレーター兼開発ドライバーとしての仕事を継続するが、現時点でサーキットでの走行は計画されていない。

2019年のF1世界選手権でメルセデスF1チームは、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスというラインナップを継続。リザブドライバーには昨年までフォース・インディアのドライバーを務めたエステバン・オコンが就任している。

エステバン・オコンに関しては、今シーズンでメルセデスのF1マシンをテストすると予想されており、2020年にバルテリ・ボッタスに代わってレースドライバーのポジションを獲得することを目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・グティエレス | メルセデス