F1 エステバン・グティエレス メルセデス
メルセデスF1チームの開発ドライバーを務めるエステバン・グティエレスは、メルセデスの2016年F1マシン『W07』でソノマ・レースウェイの非公式ラップレコードを更新した。

ザウバーとハースでF1レースドライバーを務めたエステバン・グティエレスは、ソノマ・スピードフェステバルでメルセデス W07での走行を実施。メルセデス W07は、2016年に21戦中18勝を挙げ、ニコ・ロズベルグがタイトルを獲得したマシンだ。

エステバン・グティエレスは月曜日に1分15秒430をマークし、ソノマ・レースウェイの非公式ラップレコードを更新した。

イベントではマルク・ジェネがV10エンジンを搭載したフェラーリの2004年F1マシンで走行を行い1分21位秒004をマーク。2004年にマルコ・ワーナーがアウディのLMP1カーで記録した以前のラップレコードである1分21秒688を上回った。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・グティエレス / メルセデス