ペドロ・デ・ラ・ロサ 「F1シートの値段はかつてないほど高い」

2010年11月23日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、2011年のF1シートを追い続けているが、個人スポンサーのないドライバーにとっての状況はかつてないほど厳しいと語る。

イタリアGP後にザウバーのシートを失ったペドロ・デ・ラ・ロサは、現在ピレリのテストドライバーを務めながら、来年のF1復帰を目指している。

「僕に資金があれば、100%レースできることはわかっている」とペロド・デ・ラ・ロサは AUTOSPORT にコメント。

ヒスパニア・レーシング、デ・ラ・ロサに800万ユーロの持参金を要求

2010年11月18日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサが、2011年のヒスパニア・レーシングのシートを獲得するには800万〜1000万ユーロの持参金が必要になる。

ヒスパニア・レーシングは、ホアン・ヴィラロンガとの提携により、ペドロ・デ・ラ・ロサがチームに加わり、トヨタが設計し、ウィリアムズ製ギアボックスを搭載した魅力的なクルマが作られるとされていた。

しかし、トヨタとの技術契約は支払いが遅れたことにより破綻。ヒスパニア・レーシングが2011年マシンを独自に製造するには残された時間はわずかとなっている。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、HRTとトヨタとの契約を切望

2010年11月5日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、2011年に改善されたヒスパニア・レーシングでF1復帰したいとの願望を強めている。

ザウバーのシートを失い、現在ピレリのテストドライバーと努めているペドロ・デ・ラ・ロサは、2011年にヒスパニア・レーシングのプロジェクトがどう展開するかに興味を持っていることを認めている。

「わくわくしているよ」とデ・ラ・ロサはコメント。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、ポール・リカールでのピレリF1テストを完了

2010年11月4日
ペドロ・デ・ラ・ロサ ピレリF1
ペドロ・デ・ラ・ロサは、ポール・リカール・サーキットで2日間にわたるピレリのタイヤテストを完了した。

ポール・リカールで走るのは2006年以来となるペドロ・デ・ラ・ロサは、合計で315周、約1,118kmを走破した。

3,551kmのサーキット構成でのショートランとロングランでソフトタイヤとスーパーソフトタイヤをテストしたデ・ラ・ロサは、ピレリタイヤのラップタイムの一貫性を絶賛した。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、ヒスパニア・レーシングと契約?

2010年11月3日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサの2011年のヒスパニア・レーシングでのF1復帰が来週にも発表されると報じられている。

ザウバーを放出されたペドロ・デ・ラ・ロサは、現在ピレリのテストドライバーを務めているが、ヒスパニア・レーシングのプロジェクトが「興味深く、野心的であれば」2011年にヒスパニア・レーシングで走ることに興味を持つと述べていた。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、ピレリのF1タイヤに感銘

2010年10月21日
ピレリ ペドロ・デ・ラ・ロサ
ピレリのテストドライバーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサは、アブダビGP後に行われるピレリのデモンストレーション走行に向けてピレリの進歩に「非常に感銘を受けている」と述べた。

ペドロ・デ・ラ・ロサは、バルセロナで2日間にわたるテストセッションを行い、ミディアムとハードの2つのコンパウンドで262周を走破した。

デ・ラ・ロサは、2週間前にもカタロニア・サーキットでテストを行い、その際はインターミディエイトとウェットで作業を行っている。
「素晴らしい二日間だった」とデ・ラ・ロサはコメント。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、ヒスパニア・レーシングとの接触を認める

2010年10月19日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、来年F1復帰するためにヒスパニア・レーシングと接触していることを認めた。

イタリアGP後にザウバーを解雇されたペドロ・デ・ラ・ロサは、現在ピレリのテストドライバーを務めている。

デ・ラ・ロサは、ピレリでのテストドライバーとしての役割がF1復帰のきっかけになることを願っているが、ピレリタイヤに関する知識は2011年のF1復帰のための決定的な要因にはならないと認める。

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「ザウバー解雇は傷ついた」

2010年10月14日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは、ザウバーを解雇されたことに傷ついたことを認めた。

ペドロ・デ・ラ・ロサは、先月のイタリアGPまでザウバーでレースをしていたが、5戦を残してニック・ハイドフェルドにシートを奪われた。

ザウバーは、C29の正確なペースを判断するために交代を決定したと述べていた。

ペドロ・デ・ラ・ロサ、ピレリでの初テストを完了

2010年10月7日
ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサは2日、バレンシアサーキットでピレリのテストドライバーとして初の作業を行った。

サーキットは人工的にウェット状態が作り出され、ピレリはウェットとインターミディエイトタイヤでの初テストを行った。

ピレリがテストにするトヨタの2009年マシン TF109でデ・ラ・ロサは約650kmを走行した。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム