デ・ラ・ロサ
ロータス・ルノーGPのチーム代表エリック・ブーリエは、負傷したロバート・クビサの代役としてペドロ・デ・ラ・ロサとヴィタントニオ・リウッツィの名前を初めて口にした。

今週のヘレステストでは、ニック・ハイドフェルドがR31をテストすることになっており、レースシート獲得の最有力候補とみられている。

ニック・ハイドフェルドは、すでに木曜日にヘレス入りしている。

「我々はデ・ラ・ロサ、リウッツィ、そしてハイドフェルドと交渉している」とエリック・ブーリエは Marca にコメント。

ニック・ハイドフェルドがバーレーンでレースをしているかと質問されたマネージャーのアンドレ・ソイヤーツァイトは「まだわからない」と主張している。

エリック・ブーリエは「今年、クルマに新しいことが多いので、若手ドライバーでいくリスクは犯せない」とコメント。

「経験がきわめて重要になってくるため、それほど候補者は多くない」

だがエリック・ブーリエは、ニック・ハイドフェルドが本命だと述べた。

「彼は土曜日と日曜日に一日半ドライブする予定だ。彼が妥当だと思えば、そのあとバルセロナでの次のテストでもいることになる」

「そうでない場合、我々は他のドライバーの一人を試してみなければならない」とエリック・ブーリエはペドロ・デ・ラ・ロサとヴィタントニオ・リツッツィに言及した。

「バルセロナが完全な最終期限だ。それまでに誰が我々のクルマでレースをするかわかっている必要がある」

またエリック・ブーリエは、ブルーノ・セナが第一リザーブドライバーとしてヘレスでR31をドライブすると説明した。

「他のレースドライバーになにかが起こった場合、すでにクルマに乗っているドライバーを望んでいる」

「このようなこと(クビサの事故)がシーズン中盤に起こっていたら、若手ドライバーにチャンスを与えることもできただろう。だが、我々は経験豊富なドライバーとこのクルマをゼロから開発する必要がある」

関連:
ニック・ハイドフェルド Q&A:ロータス・ルノーGPとの状況

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / ペドロ・デ・ラ・ロサ / ヴィタントニオ・リウッツィ